Reuters logo
中国、初めてエネルギー消費量目標を設定 5カ年計画で
2016年3月7日 / 06:08 / 2年前

中国、初めてエネルギー消費量目標を設定 5カ年計画で

[北京 5日 ロイター] - 中国政府は5日発表した第13次5カ年計画で、2020年までにエネルギー消費量を標準炭換算で50億トン相当の範囲内に抑制する目標を設定した。中国がこうした目標を定めるのは初めて。

 3月5日、中国政府は第13次5カ年計画で、2020年までにエネルギー消費量を標準炭換算で50億トン相当の範囲内に抑制する目標を設定した。写真は新疆ウイグル自治区の太陽光・風力発電所。昨年9月撮影(2016年 ロイター)

中国は産業効率の改善、スモッグ問題への対応と、世界最大の温室効果ガス排出量の抑制に向け、エネルギー消費量に上限を設けることを以前から検討している。政府はまた経済成長とエネルギー消費を切り離す「デカップリング」のための構造改革も推進している。

米シンクタンク、天然資源防衛委員会のシニアアドバイザー、楊富強氏は50億トンの数値は中国の16─20年の経済成長率目標の6.5%とエネルギー原単位を15%削減する目標を組み合わせて算出したと説明した。

同氏は「私の経験から言って政府の計画は控えめだ。エネルギー原単位の削減率は18%まで引き上げられる可能性があり、この場合にエネルギー消費量は約48億トンになる」と指摘した。

中国のシンクタンク、中国能源研究会(CERS)は先週発表したリポートで、エネルギー消費について標準石炭換算値で20年までに48億トン、30年までに53億トンとの見通しを示した。

CERSのエネルギー政策研究者、周大地氏は「この(50億トン)目標は下限ではなく上限だとみるべきだ。これより良い成果を達成できる可能性もある」との見解を示した。

中国国家統計局によると、昨年の中国のエネルギー消費は標準石炭換算で前年比0.9%増の43億トンだった。12─15年の年間の平均伸び率は2.3%で、05─12年の6.4%から鈍化した。

同国の昨年の石炭消費は、大気汚染防止策の強化と需要減少の結果、2.2%減少した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below