Reuters logo
中国が情報技術の提供企業を調査へ、安全性確保が狙い
2014年5月22日 / 05:02 / 3年前

中国が情報技術の提供企業を調査へ、安全性確保が狙い

 5月22日、新華社によると、中国は主要な情報技術製品およびサービスを提供する企業を調査する。「国家のセキュリティー」と「経済・社会の発展」を守ることが目的だとしている。写真は昨年10月、中国国旗の映像に照らされたマウス(2014年 ロイター/Tim Wimborne)

[北京 22日 ロイター] - 新華社によると、中国は主要な情報技術製品およびサービスを提供する企業を調査する。「国家のセキュリティー」と「経済・社会の発展」を守ることが目的だとしている。

国家インターネット情報弁公室は、調査で基準を満たしていないと判断された企業は、中国で製品・サービスの提供ができなくなると明らかにした。セキュリティー上の要件を満たさない製品も使用禁止となる。

また、製品の安全性を検査し、サプライヤーが違法に利用者のデータを収集、記憶あるいは処理しないようにするという。

新華社は、「一部の外国政府や企業」が技術を独占し、中国政府や企業から大規模な機密情報を収集していると報じた。外国政府や企業の具体的な名前については言及していないが、米国の情報技術におけるセキュリティー基準は透明性に欠いているとした。

中国に関しては、サイバー攻撃で米国の企業秘密を盗んだとして軍関係者5人が米国で訴追される問題が起きており、中国メディアはこれを非難している。

中国はまた、政府が新たに調達するコンピューターに米マイクロソフト(MSFT.O)の最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」を搭載することを禁じている。

中国共産党機関紙・人民日報は22日、米国家安全保障局(NSA)の情報監視プログラム「プリズム」に触れ、ウィンドウズ8には監視や遠隔操作の対象となるリスクがあるため、セキュリティー上の懸念が理由で禁止措置を取ったと説明した。また、ウィンドウズ8は利用者にとって不便だと伝えた。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below