Reuters logo
韓国のTHAAD配備、中国は未知数の能力を警戒=専門家
2017年4月4日 / 02:46 / 6ヶ月前

韓国のTHAAD配備、中国は未知数の能力を警戒=専門家

 4月4日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に強固に反対する中国の姿勢について専門家らは、中国の核関連技術を探知する能力が備わっているかどうかについて中国側が把握していないことが、神経をとがらせる本当の理由だと分析している。写真は都内の航空ショーに出展されたTHAADの模型。昨年10月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[香港/北京 4日 ロイター] - 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に強固に反対する中国の姿勢について専門家らは、中国の核関連技術を探知する能力が備わっているかどうかについて中国側が把握していないことが、神経をとがらせる本当の理由だと分析している。

THAAD配備は米中関係にとって大きな懸案事項となっており、今週予定される米中首脳会談でも議題に上るとみられる。

米国側は、THAADは北朝鮮の脅威に対抗するための防衛システムであると強調。しかし中国の一部の専門家は、中国の核抑止力を阻害する可能性があると警戒している。

中国の核抑止力を専門とする張宝輝氏(香港在勤)は「THAADの能力について正確に把握している人が中国に1人もいないことが問題の一因でもある」と指摘。

「THAADの能力の全容は明らかにされておらず、中国の専門家の間では知識の水準にばらつきがある。彼らの知識は誤っているかもしれないが、少なくとも懸念は本物で、最悪のケースを想定せざるを得ない」と述べた。

中国は公式見解として、THAAD配備は地域の安全保障のバランスを損なうとして反対している。

中国の当局者らは、THAADの迎撃ミサイルよりも、探知距離が2000キロともされるTHAADレーダーについて懸念を示している。

THAAD配備を巡っては、米中だけでなく中韓関係にも悪影響が及んでいる。

中国当局はTHAAD配備への用地提供に合意した韓国ロッテグループの国内店舗を相次いで営業停止処分にした。韓国の歌手や俳優らはさまざまな手段で中国での公演を阻止されている。一方、韓国を訪れる中国人観光客も急激に減少している。

北京にある精華大学の李彬教授は最近記した文書の中で、THAADレーダーによって米軍は他の装備では入手できなかったデータを得ることが可能になったため、中国の核戦略が阻害されることになると指摘。

探知距離を巡る議論以外にも、中国の専門家らは米国がTHAADをアジア地域に配備した早期警戒レーダーやセンサー、戦闘管理システムのネットワークに組み入れ、隣国とも協力する可能性について警戒している。

人民解放軍退役少将の姚雲竹氏は前月上海で行われた会議で、中国が最終的にそのようなネットワークの標的になると警告した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below