Reuters logo
中国、昨年審理した汚職案件が前年比約3分の1増加=最高裁報告
2017年3月13日 / 09:18 / 6ヶ月前

中国、昨年審理した汚職案件が前年比約3分の1増加=最高裁報告

[北京 12日 ロイター] - 中国の最高人民法院(最高裁に相当)の周強院長は、政府に提出した報告で、2016年に裁判所が審理した汚職案件は4万5000件、関係者は6万3000人だったと述べた。

有罪になった件数や、比較は明らかにしなかったが、前年の報告に基づくと、審理数、関係者ともに3分の1程度増加している。

また、最高人民検察院の曹建明検察長は業務報告で、汚職対策努力を「絶対に緩めない」と言明。「汚職に対する寛容ゼロの姿勢は決して変更されない」と述べた。

さらに両者とも、独立派、過激派およびテロリストに対する圧力を維持していくと約束した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below