Reuters logo
中国企業の債務水準は過度に高い、是正には時間必要=人民銀総裁
2017年3月10日 / 04:37 / 6ヶ月前

中国企業の債務水準は過度に高い、是正には時間必要=人民銀総裁

 3月10日、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、中国企業の債務水準は過度に高いとの認識を示し、銀行はレバレッジの高い企業を支えることはできないと述べた。写真は全国人民代表大会(全人代)の合間に開いた記者会見に出席する同総裁。北京で撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京 10日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の周小川・総裁は10日、中国の企業の債務水準は過度に高い、との認識を示す一方で、債務をより管理可能な水準にまで引き下げるには時間がかかる、と指摘した。

中国経済をより持続的な成長への軌道に乗せるには、非常な困難が伴うことを示唆した。

中国ではここ数年間、経済成長率目標の達成に向けて、借り入れによる支出が拡大。指導部は今年、債務抑制を優先課題に掲げている。

しかし、債務抑制はしばしば痛みを伴う改革になることから、政府が本当に実行できるのか、アナリストの間では懐疑的な見方が強い。

周総裁は、全国人民代表大会(全人代)の合間に開いた記者会見で「非金融企業のレバレッジは、極めて高い水準にある」と指摘した。

総裁は債務抑制に向けた努力がなされると明言。過剰生産能力の削減と合わせ、多額の債務を抱える企業のリストラが行われるとした。

中国企業の債務水準は対国内総生産(GDP)比169%に膨らんでいる。

会見では易綱・副総裁も発言し、中国は全体的な債務水準を安定化させ、上昇ペースを抑制する必要があると指摘した。

国際通貨基金(IMF)は昨年、中国の信用の伸びは世界の標準と比べて「非常に急速だ」とし、過剰債務への包括的な対応策を講じなければ、金融危機か成長減速、あるいは双方のリスクが高まると警告した。

<穏健、中立な金融政策>

周総裁は、金融政策を中立にすることで、同国の供給サイドの改革が促されると述べた。中国の金融政策は穏健・中立で、人民銀には自由に使えるツールが数多くあるとも述べた。

今年の人民元為替相場については、安定的に推移する見通しだと述べた。為替レートの変動は正常なこととの認識も示した。

また、中国は国内債券市場について、グローバルな指数への組み入れをことさらに目指すようなことはしないとも語った。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below