Reuters logo
中国都市部、住宅価格沈静化のため土地供給拡大が必要=李克強首相
2017年3月5日 / 22:39 / 7ヶ月前

中国都市部、住宅価格沈静化のため土地供給拡大が必要=李克強首相

[北京 5日 ロイター] - 中国の李克強首相は、5日に開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議の政府活動報告で、住宅価格の上昇圧力にさらされている都市部では適切な土地供給を促進することが必要だとの見解を示した。当局は、中小都市での過剰在庫問題に取り組んでいる。

中国では昨年、新築住宅価格の上昇率が12.4%と2011年以来の高水準となる中、政府は今年、不動産市場の安定を維持することを目指している。昨年10月以降、20以上の都市で市場沈静化に向けた対策が導入された。

李首相は全人代で「住宅供給は、人民が住む場所の提供だということを明確にする必要がある」と言明。安定的で健全なセクターの発展を促進する長期メカニズムを確立すると約束した。さらに、より種類に基づき、的を絞った市場規制を行うと表明した。

ただ、財政省の賈康・財政科学研究所長は、こうした長期メカニズムの解釈には引き続き「食い違い」があると指摘した。

全人代の傅瑩報道官は4日、今年は全土にわたる不動産税の導入計画はないとした。財政省の賈氏は「あらゆる方面からの抵抗が多すぎる」と述べた。

李首相は、住宅市場の二極化が進む中、第3―4級都市での過剰在庫を縮小する対策を講じると表明。政府として、季節労働者による都市部での住宅購入を支援すると話した。財政省の賈氏は、そのために追加的な政策支援が必要となるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below