Reuters logo
米国との関係、誰が大統領となっても発展続く=中国首相
2016年3月16日 / 06:01 / 2年後

米国との関係、誰が大統領となっても発展続く=中国首相

[北京 16日 ロイター] - 中国の李克強首相は16日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の閉幕後に記者会見を開き、11月に実施される米大統領選挙について、誰が勝利しても両国関係は発展し続けると述べた。

 3月16日、中国の李克強首相は、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の閉幕後に記者会見を開き、11月に実施される米大統領選挙について、誰が勝利しても両国関係は発展し続けると述べた。写真は北京で2014年11月撮影(2016年 ロイター/Petar Kujundzic)

米大統領選に向けた候補者選びでは、共和党のトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏が雇用問題をめぐり中国を攻撃しているものの、中国政府は米国の内政問題だとして総じてコメントを控えている。

民主党のヒラリー・クリントン前国務長官も、経済問題で中国への批判を強めている。

李首相は「結果的に誰が勝利し米大統領になっても、中国と米国の関係の基本的な傾向は変わらないと信じている」と語った。過去数十年にわたる傾向は「前向きな発展」だったとした。

また、「中国は米国の投資家に対し、漸進的に市場開放を進めるが、これはお互い様であるべきだ。対等な相互開放でなければならない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below