Reuters logo
HSBC中国製造業PMI、5月は5カ月ぶり高水準
2014年5月22日 / 02:12 / 3年前

HSBC中国製造業PMI、5月は5カ月ぶり高水準

5月22日、マークイット/HSBCが発表した5月の中国製造業購買担当者景気指数速報値は49.7で、4月の改定値48.1から上昇した。大連で1月撮影(2014年 ロイター/China Daily)

[北京 22日 ロイター] - マークイット/HSBCが発表した5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.7で、4月の改定値48.1から上昇した。5カ月ぶりの高水準となる。

ただ依然として、拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。ロイター調査の予想は48.1だった。

海外需要を示す新規輸出受注指数は3.4ポイントと最も大幅な上昇を見せ、約3年半ぶり高水準の52.7となった。

11のサブ指数のうち、雇用と完成品在庫以外は4月から上昇した。

発表を受け、アジア市場の株と為替は上値を伸ばしている。豪ドルは小幅高。

サブ指数の中で、生産や国内外の需要など注目されている指数は軒並み大幅上昇となり、50を上回った。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は「新規受注と輸出受注の両方が50を上回り、幅広い改善が見られた。ディスインフレ圧力が和らぎ、生産価格は昨年11月以来の上昇となった」と指摘。

さらに「最近打ち出されたミニ刺激措置や借り入れコスト低下の効果もあり、安定化の兆候が見られる。ただ、成長への下押しリスクは残っており、特に不動産市場の低迷は続いている。景気の下支えには数カ月以内に追加の支援措置が必要だろう」と述べた。

また同氏は、雇用指数が1ポイント以上低下し47.3となった点に注目。センチメントの改善がまだ雇用に広がっていないことを意味すると指摘した。

政府は社会の安定の観点から雇用を最優先課題としており、労働市場の大幅な悪化は警報となる可能性がある。

李克強首相は3月、労働市場が持ちこたえれば成長率が政府目標の7.5%を若干下回ってもかまわないと発言した。

ロイターのエコノミスト調査では、今年の中国の成長率は24年ぶり低水準の7.3%に減速すると予想されている。李首相はこれまで、十分な雇用を創出するには7.2%の成長が必要との見方を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below