Reuters logo
中国当局、影の銀行取り締まりで緊急のリスク審査を開始=関係筋
2017年5月12日 / 03:03 / 5ヶ月後

中国当局、影の銀行取り締まりで緊急のリスク審査を開始=関係筋

 5月12日、関係筋によると、中国銀行業監督管理委員会(CBRC、銀監会)は今週、「影の銀行」(シャドーバンキング)に対する取り締まりの一環として、銀行の新たな業務に関する緊急のリスク審査に着手した。写真は人民元紙幣を数える銀行員。2012年7月遼寧省で撮影(2017年 ロイター)

[上海 12日 ロイター] - 関係筋によると、中国銀行業監督管理委員会(CBRC、銀監会)は今週、「影の銀行」(シャドーバンキング)に対する取り締まりの一環として、銀行の新たな業務に関する緊急のリスク審査に着手した。

調査対象には、銀行間の譲渡性預金(NCD)の発行、債券投資などが含まれるという。資産管理スキームを通じた株式投資や、株主への融資など、融資や投資に関する不正についても調査する見通し。

新たに就任したCBRCの郭樹清主席は、銀行システムにおける「混乱」を一掃すると表明した。今年秋に中国共産党第19回党大会を控え、中国人民銀行(中央銀行)や他の金融当局と協力して影の金融(シャドーファイナンス)の取り締まりが強化されている。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによると中国のシャドーバンキングセクターは最近数年間で大幅に拡大しており、2016年には64兆5000億元(9兆4000億ドル)規模となった。中小銀行がNCD発行により積極的に資金を調達し、高利回りのリスクの高い投資へ充当する例が増えている。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below