Reuters logo
中国検察当局、金融犯罪には厳しい罰則科す方針=新華社
2017年2月6日 / 01:00 / 8ヶ月前

中国検察当局、金融犯罪には厳しい罰則科す方針=新華社

[北京 5日 ロイター] - 中国の国営新華社通信が5日伝えたところによると、最高人民検察院は地下銀行や株式市場での不正をはじめとする金融犯罪に関与した人物に厳しい罰則を科す方針を示した。

新華社によると、検察院は「中央政府の要請に誠実に応じ、金融リスクの防止を一層重視する」姿勢を表明するとともに、「不法な預金の回収、不正な資金調達など一般市民を巻き込む経済犯罪や、マネーロンダリング(資金洗浄)、地下銀行、オンラインのマルチ商法を厳格に罰する」とした。

また、市場操作やインサイダー取引、偽情報の発信などの証券犯罪や税回避などの住宅市場での犯罪に対する取り締まりを強化する考えを示した。

新華社は「ピアツーピア」(P2P)オンライン金融プラットフォームのe租宝(Ezubao)による詐欺などを最近の不正問題の例として挙げた。

今後打ち出される可能性のある罰則についての詳細は明らかにされていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below