Reuters logo
クリントン氏の当選確率95%超、10日の週に選挙なら=調査
2016年10月17日 / 01:42 / 1年前

クリントン氏の当選確率95%超、10日の週に選挙なら=調査

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日公表されたロイター/イプソスの週間世論調査によると、米大統領選挙がこの週に実施されていた場合、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が95%以上の確率で当選するとの見通しが示された。前週の調査でも、クリントン氏の高い当選確率が示されていた。

 10月15日、同日公表されたロイター/イプソスの週間世論調査によると、米大統領選挙がこの週に実施されていた場合、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が95%以上の確率で当選するとの見通しが示された。写真はシアトルで14日撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

共和党候補のドナルド・トランプ氏をめぐっては、10月7日以降、過去に行った女性蔑視の発言や複数の女性に対するセクハラ疑惑が報じられている。

10月15日までに実施された週間調査に基づくと、大統領選がこの週に行われていた場合、クリントン氏の選挙人獲得数はトランプ氏を118人上回り、当選に必要な270人の選挙人を95%以上の確率で獲得できたとの予想が示された。

他の調査でも、クリントン氏の当選確率は90%程度と予想されている。

トランプ氏は、複数の女性に対するセクハラ疑惑について作り話だと否定し、自身の当選阻止を狙った陰謀だと主張している。

一方のクリントン氏は、内部告発サイト「ウィキリークス」によって陣営責任者ジョン・ポデスタ氏の電子メールが公表され、開かれた貿易・国境政策を支持し、金融界に融和的な政策を約束するなど、現在のクリントン氏の姿勢と反対の言動を過去に行っていたことが明るみに出た。同時期にトランプ氏をめぐる問題が報じられていなければ、電子メール問題は選挙戦での中心的な争点となった可能性がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below