Reuters logo
中国CPIは前年比+1.4%に鈍化:識者はこうみる
2014年12月10日 / 03:07 / 3年前

中国CPIは前年比+1.4%に鈍化:識者はこうみる

 12月10日、中国国家統計局が発表した11月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比1.4%上昇した。10月の1.6%上昇から鈍化し、2009年11月以来5年ぶりの低水準となった。写真は、中国河北省のスーパーマーケット、11月撮影(2014年 ロイター/China Daily)

[10日 ロイター] - 中国国家統計局が10日に発表した11月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比1.4%上昇した。10月の1.6%上昇から鈍化し、2009年11月以来5年ぶりの低水準となった。市場関係者の見方は以下の通り。

<クレディ・アグリコルCIB(香港)のエコノミスト、DARIUSZ KOWALCZYK氏>

11月の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は、価格の下方圧力がさらに強まっていることを示した。

CPIは前年比1.4%上昇と2009年11月以来5年ぶりの低水準に鈍化したほか、PPIは2.7%低下と2013年半ば以来の水準に鈍化した。

コモディティや食料品価格の下落が一因だが、ディスインフレ圧力の上昇や内需の弱さを裏付けるものでもある。

今回の指標により、政府は金融政策のさらなる緩和を促される可能性が高く、RRR(預金準備率)は近い将来、おそらく今月にも引き下げられるとみている。

今回の指標は市場コンセンサスを下回るものであり、株式や人民元、人民元の金利スワップ(IRS)金利に対する下方圧力となるだろう。

<CICCのアナリストリポート>

CPIとPPIは12月も鈍化し、デフレリスクが高まりそうだ。

デフレになれば実質金利が上昇、需要もさらに減退する。こうした流れを断ち切るためには、金融政策の一段の緩和が必要だ。市中金融機関の預金準備率引き下げや、追加利下げへの圧力は、引き続き大きい。

<コモンウェルス銀行のシニア通貨ストラテジスト、アンディ・ジー氏>

消費者物価指数(CPI)上昇率の鈍化は、温暖な気候が主因。食品・エネルギーを除くコア指数は1.6%に加速している。底打ちが示唆されており、基調インフレ率は季節要因から、春節を前に今後数カ月加速するはずだ。

いずれにせよ、コアCPIは歴史的低水準にとどまっている。中国人民銀行が政策を検討する場合に、食品価格の変動はあまり影響を及ぼさず、市場に対する影響も限定的とみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below