Reuters logo
コラム:バズーカ温存した日銀、米景気腰折れに備え
2015年12月18日 / 10:49 / 2年前

コラム:バズーカ温存した日銀、米景気腰折れに備え

[東京 18日 ロイター] - 日銀は18日、量的・質的金融緩和(QQE)の補完措置を打ち出したが、「黒田バズーカ」との異名を取る大規模な追加緩和策は温存した。

 12月18日、日銀は量的・質的金融緩和(QQE)の補完措置を打ち出したが、「黒田バズーカ」との異名を取る大規模な追加緩和策は温存した。会合後、記者会見する黒田総裁(2015年 ロイター/Toru Hanai)

2016年は利上げに転じた米国の景気が、想定外の腰折れに直面する事態が大きなリスク要因になると予想する。それに備えた構えを取った黒田日銀は、原油を含めた海外経済の動向に細心の注意を払っていくことになるだろう。

<市場に残る緩和期待>   

黒田総裁はこの日の会見で、新たに打ち出された補完措置は、景気の下振れに対応した追加緩和ではないと明言した。言い換えれば「黒田バズーカ」を温存し、市場に期待が残ることを図ったとも言える。

18日の市場では、補完措置の「わかりにくさ」(国内金融機関の関係者)が標的にされ、日経平均.N225は前日比366円安まで売り込まれたが、温存されたバズーカの存在に市場関係者の目が向けば、「追加緩和期待」の市場心理は復元され、さらに大崩れする事態は回避できると予想する。

<米経済に溜まるリスク>

だが、2016年の世界経済と日本経済の先行きが「天気晴朗」で済むかというと、どうも様子が違う。

最も大きなリスクを抱えているのは、欧州、日本に先駆けて約10年ぶりに利上げした米国ではないかと考える。

米景気の体温計として注目されてきた米供給管理協会(ISM)製造業景気指数は、11月に判断の分かれ目となる50を割り込んで48.6となった。50割れでの利上げは初めてだ。

米連邦準備理事会(FRB)が重視しているコアPCE価格指数は10月に前年比プラス1.3%で、目標の2%に届いていない。

利上げを決めた16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、イエレンFRB議長は、インフレ率の推移に関連し「時間とともに実際の進展を確認する必要がある」「想定通りに進展しない、または目標を下回っている状況が一時的でなく、労働市場が引き締まっても変わらないなら、確実に利上げを休止する」と述べた。

また、労働参加率が予想を下回り、賃金の伸びも持続的な拡大を示していない、と指摘した。

<注視すべきゼロ金利均衡・崩壊の衝撃>

さらに問題なのは、7年に及ぶゼロ金利政策の継続で、米経済に「ゼロ金利均衡」がはびこり、たった25bpの利上げでも大きな影響を与えかねない「マグマ」が溜まっていることだ。

その一端を示すのが、足元でのハイイールド債市場の急落だ。利上げによる利払いコストの上昇を受け、デフォルト率の上昇を懸念した投資家の売りを浴びている。同市場関係者の中には、2016年中に米中西部などでは景気後退のシグナルが出かねないとの懸念が浮上している。

市場は今、2016年のFRBは3月、6月、9月、12月に25bpの利上げを実行し、計100bpの利上げを計画しているとみている。だが、想定通りに利上げできないと市場が気付いた時に、世界の金融・資本市場はリスクオフ心理が台頭し、ドル安/株安/債券高の展開になる可能性が高まる。

日本にとっては、円高/株安というアベノミクス以前への逆戻りを想起させる「悪夢の再来シナリオ」と映る。

<16年のリスク、圧倒的に多い海外要因>

2016年の日銀は、円高と株安の大きな波動が日本に押し寄せ、デフレ機運が復活しかねないと判断すれば、「ちゅうちょなく」という黒田総裁の決め台詞どうりに、「バズーカ砲」を発射することになるだろう。

18日に打ち出した補完措置は、その環境整備のための布石と見ることもできる。米経済の腰折れシナリオは、今のところは「テールリスク」の扱いだろうが、メーンリスクとして登場する可能性がゼロとは決して断定できない。

原油価格の下落は、確かに日本の消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)を押し下げる要因になるが、その背後にある世界的な景気減退の圧力の「証し」として見る必要もある。

米経済に不調の兆しが出てくれば、原油先物が30ドル割れしてくる展開もありうる。日銀にとっては、国内から来る「災い」よりも、外側から飛び込んでくる「凶兆」にいち早く気付くことが、より重要になると思われる。

18日の日経平均は、900円近い振れ幅となったが、この現象は「ボラタイルな市場」が予想される2016年の動きを先取りしているのかもしれない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below