Reuters logo
コラム:「トランプ円高」旋風は吹くか=斉藤洋二氏
2016年6月15日 / 07:51 / 1年前

コラム:「トランプ円高」旋風は吹くか=斉藤洋二氏

[東京 15日] - 11月の米大統領選に向けて7月後半の民主・共和党大会で両党の指名候補が選出されるが、民主党はヒラリー・クリントン氏、共和党はドナルド・トランプ氏でほぼ決まった。両者を比較するとクリントン氏が一貫して優位とされてきたが、5月後半以降の各種世論調査では両者の支持率は拮抗している。

この2人の具体的な政策はいまだ不透明な部分が多い。ただ、クリントン氏は、環太平洋連携協定(TPP)について反対へと転じているとはいえ、オバマ大統領と同じ民主党であることから、従来路線から大きく逸脱することはないと思われる。

一方のトランプ氏は、当選した場合、日ごろの言動から外交防衛政策を中心に懸念が高まっており、「トランプ・リスク」と言っても良いぐらいの激震を金融市場に与える可能性がある。同氏は、軍事面では日本・韓国の「安保ただ乗り」を非難し、一方で多数の移民を送り出すメキシコを攻撃している。さらに、経済面では対米貿易黒字国の中国や日本の責任に言及するなど、貿易・金融為替政策に激変を予感させる。

したがって、日本も日米軍事同盟下での安全保障体制の変革を迫られる可能性を否定できない。また、米国内にドル高への不満と保護主義の機運が高まっていることから、今後はアベノミクスの柱である円安政策への批判と円高圧力が高まりそうだ。

<次期大統領が引き継ぐ宿題>

リーマンショック直後に就任したオバマ大統領は、金融改革を進めて市場の安定化を図り、株価が回復するなど経済はおおむね順調に拡大した。そして任期が8カ月を切り、オバマ大統領はレガシー(遺産)を残すことに注力しており、その集大成として今年末に行われる見込みのTPP議会承認の行方が注目される。

しかし、ねじれ現象にある議会で承認されない場合は、次期政権でもその実現は遠のき、保護主義が加速することになりかねない。

このようにオバマ大統領は内政問題の解決を進めるのは難しく、外交問題への傾斜を強めざるを得ない。これまでの外交実績と言えば、「核なき世界」に向けたプラハ演説やノーベル平和賞受賞で華々しく発進しただけに、世界の人々の期待を裏切った観は拭えない。ただ、5月末の広島訪問で核廃絶の必要性を世界にアピールしたことは大統領の面目躍如だった。そして、イラン核合意の実現やイラク・アフガニスタンからの米軍撤退を進めたことはオバマ大統領の平和主義に基づく外交政策に一定の評価がなされる背景となった。

とはいえ、ロシアのクリミア併合、ウクライナ内戦、そして過激派組織「イスラム国(IS)」の活発化と現在の地政学リスク拡大は、オバマ大統領が2013年8月にシリア空爆を躊躇(ちゅうちょ)したことが契機になったとの指摘があることは無視できない。

そして、イラン寄りのスタンスを取ったことはサウジアラビアやイスラエルとの関係希薄化やシリアの混迷など、中東情勢の液状化をもたらしたが、これらは次の大統領への宿題となってしまった。

<トランプ・リスクの正体>

選挙戦前半の主役と言えばトランプ氏とバーニー・サンダース氏だろう。トランプ氏は毒舌を武器に、低所得・低学歴の白人の支持を集め、本命視された候補をすべて蹴散らし「トランプ旋風」を巻き起こした。

一方、民主党において社会主義を唱えるサンダース氏が若者・低所得者層の支持を集めて善戦したことは、クリントン氏の主張を左寄りへと修正させ、オバマ政権と一線を画すこととさせた点で特筆されるものだ。

トランプ氏やサンダース氏と言ったこれまでなら「異端」と映った候補に人気が集まったのは米国社会の変質を反映したもので、これがトランプ人気そしてトランプ・リスクの正体と言えよう。これまでの米国はサンダース氏が主張する社会主義などとは無縁だったが、格差拡大につれ中間層が脱落して低所得者層が拡大していることの表れだ。そして、ヒスパニック系など移民の増加により(白人の)米国人が職の奪い合いにおいて敗れつつある実情を反映していると言えよう。

このように今回の大統領選は米国社会の変質を浮き彫りにしており、クリントン氏は苦戦を強いられることとなった。同氏は4年間にわたり国務長官を務め、またファーストレディとしても8年間ホワイトハウスにいたことから、既成政治や特権階級の代表と見られ不人気に拍車をかけることになっている。

実際、「ブッシュ(親子)王朝」と「クリントン(夫妻)王朝」の繰り返しが続くことには米国民の多くが辟易するのもやむを得ないかもしれない。今後、連邦捜査局(FBI)が捜査するメール問題がクリントン氏の足を引っ張る可能性もぬぐえぬことから、大統領選の帰趨は最終局面まで予断を許さない状況が続きそうだ。

<年後半のリスクオフは不可避か>

共和党そして米国民の多くは21世紀に入りイラク戦争、アフガニスタン戦争を進めたブッシュ大統領(当時)とチェイニー副大統領(当時)というネオコン・コンビの暴走に懲りている。このような環境下、今後、トランプ氏はこれまでの共和党の基本路線を踏襲し、「小さな政府」と「減税」に加え「不介入主義」を強く打ち出し、「アメリカファースト(米国第一)」に徹するだろう。

その結果、外交政策に激変が予想されるが、同時にオバマ大統領が中国を意識して構築を目指したTPPの実現は遠のくことになり、保護主義が強まることになるだろう。

一方、クリントン氏勝利の場合はトランプ氏ほどの変化をもたらさないものの、すでに反対表明しているTPPの実現が遠のく。TPPは米国内の産業・労働者に不人気であり、米国は自由貿易を目指したオバマ政権時代と異なり保護主義を後押しする動きが強まるに違いない。

このように次期政権は保護主義色を強めることになるが、対中貿易赤字が増大している現状、中国への強硬姿勢を強める可能性が高まる。また、これまでのドル高による国内製造業への打撃を回避するためにもドル安政策を進める可能性が高い。

一方、金融面に目を転じれば、米大統領選のある年の多くにおいて株価が値上がりしている。つまり、米連邦準備理事会(FRB)が選挙を意識して金融引き締めを極力避けた節があることと無縁ではなかったようで、その点で今回もFRBが大統領選にとらわれることなく独自の中立性を尊重できるのか、つまり投票前の7月や9月に利上げを実施するのか注目されるところだ。

また、財務省は両候補の保護主義的主張に配慮してドル安(円高)を誘導することになるのか、ホワイトハウスの次の住人の意向が現政権の政策にも影響を及ぼすことになるだろう。すでに日本政府が意図する(円売り)介入に様々なけん制球が投げられているのはその表れと見ても良いだろう。

トランプ・リスクを抱える米大統領選は、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)と並ぶ2016年の二大リスクと言ってよく、年後半にかけリスクオフの動きが強まる可能性は高い。さらにアベノミクスに息切れ感も目立つことを勘案すれば、円高への潮流が強まることは避けがたいのではないだろうか。

*斉藤洋二氏は、ネクスト経済研究所代表。1974年、一橋大学経済学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。為替業務に従事。88年、日本生命保険に入社し、為替・債券・株式など国内・国際投資を担当、フランス現地法人社長に。対外的には、公益財団法人国際金融情報センターで経済調査・ODA業務に従事し、財務省関税・外国為替等審議会委員を歴任。2011年10月より現職。近著に「日本経済の非合理な予測 学者の予想はなぜ外れるのか」(ATパブリケーション刊)。

*本稿は、ロイター日本語ニュースサイトの外国為替フォーラムに掲載されたものです。

*本稿は、筆者の個人的見解に基づいています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below