Reuters logo
コラム:共和党指名争い、トランプ氏「勝率9割」の理由
2016年2月26日 / 00:48 / 2年前

コラム:共和党指名争い、トランプ氏「勝率9割」の理由

 2月24日、ニューハンプシャー、サウスカロライナ、そして今度はネバダ州で勝利したドナルド・トランプ氏(写真)。同氏が米大統領選の共和党候補指名を獲得する可能性が高まっている。サウスカロライナ州で19日撮影(2016年 ロイター/Randall Hill)

[24日 ロイター] - ニューハンプシャー、サウスカロライナ、そして今度はネバダ州で勝利したドナルド・トランプ氏──。同氏が米大統領選の共和党候補指名を獲得する可能性が高まっている。

トランプ氏の指名獲得に懐疑的な人たちは、共和党支持の有権者がある時点で正気に戻ると考えている。その一方で、他候補を支持する人たちは、候補者が絞られつつあるのを目の当たりにしている。

われわれは常に、トランプ氏の指名獲得には楽観的な見方をしていた。実際のところ、昨年の9月時点では、同氏が指名される可能性は45%とみていた。しかし、共和、民主両党の党員集会や予備選挙が集中する「スーパーチューズデー」(3月1日)まで1週間を切った現在、その確率は90%にまで高まっている。

以下にその理由を挙げよう。

第一にトランプ氏は、全国、州レベルの両方において、ほぼすべての世論調査でリードしていることだ。2日のアイオワ州党員集会以降に実施された19の全国世論調査のうち、18の調査で同氏はリードしている。これは非常に示唆的だ。もしこれらの調査を予備選の代理投票と捉えるなら、同氏が指名を獲得する可能性は95%に上る。

このような単純計算は、限られた州レベルの調査でも有効だ。マルコ・ルビオ上院議員の出身地であるフロリダ州の場合、これまで実施された世論調査すべてにおいて、トランプ氏がルビオ氏を大きく引き離して首位に立っている。サウスカロライナ州での予備選以降に実施された州レベルの調査(われわれの集計では14)のうち、トランプ氏は11の調査でリードし、指名獲得の可能性は約80%となる。

こうしたことはすべて、トランプ氏が指名を獲得する可能性を示す非常に有力な証拠である。

第二に、専門家の見方に反して、トランプ氏はジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が撤退した後も支持を失っていないことだ。支持率の低い候補が撤退した場合、ルビオ氏やテッド・クルーズ上院議員のような有力候補が支持を伸ばし、トランプ氏は35%を超える得票は得られないだろうと、繰り返し言われてきた。

だが、われわれのデータはこれを裏付けるものとはなっていない。実際には逆の傾向を示している。共和党候補がトランプ、クルーズ、ルビオの3氏に絞られた場合、有権者の大半はトランプ氏を選ぶと答えている。

共和党候補指名争いが3人に絞られた場合、誰に投票するか

共和党候補指名争いが3人に絞られた場合、誰に投票するか

さらに候補がトランプ氏ともう1人の候補に絞られた場合、ロイターとイプソスの世論調査では、トランプ氏が依然として首位に立つ結果となっている。特にルビオ陣営は、クルーズ氏の撤退を心配するべきだろう。なぜならクルーズ氏の支持者は、ルビオ氏と同じくらいトランプ氏に票を投じる可能性があるからだ。

候補者がトランプ氏ともう1人に絞られた場合、どちらに投票するか

候補者がトランプ氏ともう1人に絞られた場合、どちらに投票するか

第三に、トランプ氏が適切なメッセージを携え、タイミング良く現れたふさわしい人物であることだ。トランプ氏が共和党支持層に訴えかえる一方、彼らは同氏のことを大目に見ている。これには、トランプ氏はあまりに多くの失態を演じ、不遜な態度を幾度も取るため自滅するのを待つだけ、というような反論もあるだろう。

トランプ氏は「テフロン(のようにダメージを受けない)候補」と言える。法王を敵に回したり、あからさまに相次いで方針転換したりして生き残った人はほとんどいなかっただろう。だがトランプ氏は生き残ったばかりか、勢力を伸ばしている。この点において、何よりも重要なのは、それがなぜかということだ。

その証拠はあまり直接的ではないかもしれないが、説得力をもつ。トランプ氏の言動は共和党支持層と強く共鳴している。そもそも一般的な米国民、とりわけ共和党支持者は不満を抱え、将来への不安を抱いている。中間層は死にかけており、彼らに不利に働くように操作され、従来の政党や政治家は彼らの問題に対する解決策を持たないと考えている。

従来の政党や政治家に不満を募らせるトランプ支持層

従来の政党や政治家に不満を募らせるトランプ支持層

さらに彼らは、ルールを破る意思のある強いリーダーしか、壊れた米国を直すことができないと思っている。この考えに賛成するトランプ氏の支持者は71%であった一方、すべての米国民では49%だった。

こうした世間一般の懸念は、共和党支持層に根強い「米国優先主義」の傾向とも相まり、トランプ氏のポピュリズムを一段と魅力的なものにしている。これがトランプ氏にとって良い基盤となっている。同氏は大衆の言葉を話し、彼らの不安を理解する。そのお返しに、大衆は「疑わしきは罰せず」の原則を同氏に適用するのだ。

トランプ支持層では6割以上が、移民に仕事を奪われていると感じている

トランプ支持層では6割以上が、移民に仕事を奪われていると感じている

全体的にみれば、トランプ氏が共和党候補の指名を獲得する可能性を示す証拠は非常に有力である。「何もかもが変わり得る」と、反対する人もいるかもしれない。こうした意見については、水晶玉を持つ人は誰もいないとしか言いようがない。だが、勝者は誰かと問われれば、われわれはトランプ氏に賭けるだろう。

*筆者のクリフォード・ヤング氏は、調査会社イプソス・パブリック・アフェアーズUSの社長。ジョンズ・ホプキンス大学とコロンビア大学で非常勤教授も務める。もう一人のクリス・ジャクソン氏は同社の副社長。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below