Reuters logo
コラム:日本の解散総選挙、投資家は支持すべきか
2017年9月20日 / 23:16 / 1ヶ月前

コラム:日本の解散総選挙、投資家は支持すべきか

[香港 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本で観測が高まっている早期の衆院解散・総選挙は、投資家にとっては複雑な意味合いをもつだろう。安倍晋三首相が改めて国民の信を問うことは政治的安定をもたらす。

 9月20日、日本で観測が高まっている早期の衆院解散・総選挙は、投資家にとっては複雑な意味合いをもつだろう。写真は日本の安倍晋三首相。都内で3月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

だがそうなれば、経済成長の腰を折る増税実施も伴う。そしてその影響は、市場に優しい追加的な金融政策によって相殺されるだろう。

ロイターが政府筋の話として伝えたところによると、安倍首相は10月にも選挙を行う可能性がある。それは理にかなっている。今年急落した支持率は、北朝鮮情勢の緊迫化によって盛り返している。混乱した野党の支持率は、安倍首相率いる自由民主党のそれをはるかに下回っている。また、地域政党「都民ファーストの会」を率いる東京都知事の小池百合子氏が大きなライバルとなるには、まだ時期尚早だろう。

首相の経済再生策アベノミクスはまだ道半ばだ。しかし投資家にとって、安定したリーダーシップは、2012年末に安倍氏が首相に就任するまで数カ月単位で交代していた歴代首相よりも好ましいことは明らかである。

安倍首相は国民へのアピールの一環として、2019年に消費税率を現在の8%から10%に引き上げることで得られる財源の一部を教育費に充てると、ロイターは伝えている。かつて消費税を5%から8%に引き上げた後、日本はリセッション(景気停滞)に陥った。安倍首相はすでに、10%への引き上げを1度延期している。

今回10%に引き上げれば、リセッションとはいかないまでも、消費意欲を減退させ、景気減速を引き起こす可能性がある。そうなれば、健全なインフレ率の回復を目指す長い闘いを邪魔することにもなりかねない。

どのような経済的痛みも日本銀行の算段を誤らせることになるだろう。米国や欧州の中央銀行が「量的緩和」から政策を転換しようとするなか、日銀はまだ債券や上場投資信託(ETF)を大量に買い入れ、10年物国債利回りをゼロ近辺に抑えている。

ウィズダムツリー・ジャパンのイェスパー・コール最高経営責任者(CEO)は、日銀がおそらく「さらに長いあいだ、(緩和策を)もっと行わざるを得なくなるだろう」と指摘している。

日銀のすでに膨れ上がったバランスシートは、長期的な問題を提起している。だが短期的に見れば、市場参加者は基本的に、借り入れコスト低下、円安、そして日銀のETFの大量買い入れによって支えられた株式市場を享受できる。それはまるで、投資家が支持できる選挙綱領のように聞こえる。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below