その他
PR

UPDATE2: 任天堂<7974.OS>、14年3月期最終益予想は前年比7.7倍の550億円 「WiiU」販売計画は900万台

2013年 04月 24日 18:58 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

*会見の内容などを加え再構成しました。

 [大阪 24日 ロイター] 任天堂7974.OSは24日、2014年3月期の連結当期利益が前年比674.7%増の550億円となる見通しを発表した。有力ソフトの投入などで、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」や据置型ゲーム機「WiiU」の販売活性化を見込む。今年1月に公表した公約通り、連結営業利益予想は1000億円に設定。大阪市内で会見した岩田聡社長は、同公約について「やるべきことをやれば達成可能だ」と話し、自信を見せた。

 トムソン・ロイター・エスティメーツによると、主要アナリスト13人が過去90日間に出した営業利益予測の平均値は761億円で、会社予想はこれを上回っている。任天堂の今期のハード販売計画は、「WiiU」が900万台(13年3月期実績345万台)。「Wii」が200万台(同9984万台)、「ニンテンドー3DS」が1800万台(同3109万台)。

 今期連結売上高は前年比44.8%増の9200億円、経常利益は同758.6%増の900億円と予想。今期の前提為替レートはドル/円が90円(前期中平均は83.10円)、ユーロ/円が120円(同107.14円)と保守的に設定した。年間配当予想は前年比160円増配の260円。13年4─9月期の業績予想については、同社の事業の性質上、上半期の重要性が低いとし、今期から非開示とした。

 

 <有力ソフトでハード販売活性化へ>

 

 岩田社長は、経営陣のコミットメントとして掲げる今期営業利益1000億円が達成できなかった場合の責任について、今期のソフトのラインアップから、達成が可能なハード・ソフトの販売計画を立てているとし、「達成できなかったらどうするのかということについて、具体的に論じるのはおかしい」と話した。

  

 一方、13年3月期の最終利益は70億円(前年は432億円の赤字)と、2期ぶりに黒字確保となったものの、今年1月の公表値に比べ半減。対ドルでの円高修正を背景に、前期に計上した為替差益は395億円となったが、年末商戦でのソフトの販売不振が響いた。

 岩田社長は、「3DS」の販売は国内では好調に推移した半面、欧米では「昨年の年末商戦で勢いを出し切れなかった」と述べた。ただ、足元の海外販売は「勢いが少しずつ出てきている」とし、「『3DS』のビジネスを海外で活性化するということを現在、私たちの最重要課題として、集中的に有力ソフトを市場に投入する計画をしている」と話した。

 また「WiiU」ついては、1月の見通し以上に「自社の有力ソフトの発売間隔が結果的に空いてしまった」とし、プラットフォームの勢いを維持できていないと指摘。現状では製品価値を顧客に伝えきれていないという点を課題に挙げた上で、夏以降にソフトのラインアップが充実することもあり「じっくり普及に取り組む」考えを見せた。ただ、「WiiU」の値下げについては、現時点で念頭にないとした。

 「WiiU」の逆ざや状態の解消時期については、今期中には有力ソフトの投入効果で「ソフトとハードと合わせた、全体のプラットフォームのビジネスとして考えた時には、十分な利益貢献ができる段階になってくる」との見方を示した。

 13年3月期の連結営業損益は364億円の赤字(前年は373億円の赤字)となった。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、主要アナリスト14人が過去90日間に出した営業損益予測の平均値は177億円の赤字だった。連結売上高は前年比1.9%減の6354億円、経常損益は104億円の黒字(前年は608億円の赤字)だった。

 

(ロイターニュース 長田善行;編集 内田慎一)

 
 
 

注目の商品

外国為替フォーラム

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円
NY市場サマリー(21日) 2014年 11月 22日 07:43 JST 

株価検索

会社名銘柄コード
 
*統計に基づく世論調査ではありません。

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。