〔Executive Talk〕ゲームと携帯電話の融合、可能性を追求=ソニー<6758.T>執行役

2010年 12月 22日 21:48 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [東京 22日 ロイター] ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の平井一夫・執行役EVP兼ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長は22日、ロイターなどのインタビューで、携帯型ゲーム機と携帯電話の融合について「プレイステーションらしさを考えて入らないといけない」と述べて、商品展開の可能性を追求していく意向を示した。

 平井執行役は、携帯型ゲーム機「プレイステーションポータブル(PSP)」と携帯電話の融合機器について「うわさされているようだが、いろいろな可能性は追求しないといけない」と述べた。ただ、アイフォーンやアンドロイド携帯で遊べるゲームに対して「SCEが目指しているゲームは『没入感』の点で世界が違う」と強調。その上で「プレステらしさを考えて入らないといけない」と話した。ソニー・エリクソンとの協力関係についても「これまでも協業はしてきたが、この1年半で加速度的に対話が進んでいる」という。

 一方で、PSPは2004年12月に発売して6年が経過。平井執行役は、PSPの次世代機について「社内で議論をしているが、いつになると案内できる段階ではない」と話した。さらに、次世代機のイメージについては「タッチパネルは否定しないが、フィジカルなボタンがあった方が没入感がある」などと話し、コンテンツ業者などと議論しているとした。

 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の「iPad(アイパッド)」を中心にタブレット端末の市場が拡大しているが、ソニーは米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)との提携で、アンドロイドOSを搭載した情報端末を開発する方針を示している。平井執行役は、タブレット端末について「ソニーとして商品投入していく」との意向を改めて示した。また、グーグルの基本ソフト(OS)「クロームOS」を搭載したパソコンの開発については「ウィンドウズがある一方でクロームもポテンシャルがある。どのように商品展開していくかは社内で議論している。ただ、いつ商品が出るかということまでには至っていない」と話した。

 <PSNは11年度に黒字化へ>

 ソニーは、オンラインサービスを拡充している最中で、映像・音楽配信の「Qriocity(キュリオシティ)」、ゲーム配信の「プレイステーションネットワーク(PSN)」、電子書籍の「リーダーストア」のサービスをそれぞれ展開しており、これらオンラインサービス全体で2012年度に3000億円の売上高を計画している。ただ、それぞれの事業としては赤字の段階で、平井執行役は「PSNについては2011年度に黒字化を目指す」と話した。

 PSNの売上高は09年度に360億円で、10年度は約2倍を目指すという。PSNのアカウントは11月時点で6000万件を突破。この点について平井執行役は「ビジネスが大きくなる土壌が出来ている。PSNとしてコンテンツを増やしていけば売上は伸びて行くだろう」と語った。

 (INVESTMENTVIEWS)

 

 
 
写真

年内利上げへ:識者はこうみる

米FRB議長は、経済が第1・四半期の減速から持ち直し、向かい風も収まり始めるとし、年内に利上げするとの見方を示した。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
年内にドル110円か130円か

年間レンジの傾向から、ドル円は年後半にヤマ場を迎え、110円か130円のいずれかを目指すとJPモルガンの佐々木融氏は予想。  記事の全文 

 
写真
FRBは利上げ時機逃したか

米国金融政策の行方は極めて不透明になっており、利上げの時機を逸した可能性もあると、三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之氏は分析。   記事の全文 

 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ギリシャ危機でユーロ反落か=鈴木健吾氏
 
格下げは悪い円安予兆か=植野大作氏
 
円売り再燃で125円も=池田雄之輔氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。