その他
PR

〔Executive Talk〕ゲームと携帯電話の融合、可能性を追求=ソニー<6758.T>執行役

2010年 12月 22日 21:48 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [東京 22日 ロイター] ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の平井一夫・執行役EVP兼ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長は22日、ロイターなどのインタビューで、携帯型ゲーム機と携帯電話の融合について「プレイステーションらしさを考えて入らないといけない」と述べて、商品展開の可能性を追求していく意向を示した。

 平井執行役は、携帯型ゲーム機「プレイステーションポータブル(PSP)」と携帯電話の融合機器について「うわさされているようだが、いろいろな可能性は追求しないといけない」と述べた。ただ、アイフォーンやアンドロイド携帯で遊べるゲームに対して「SCEが目指しているゲームは『没入感』の点で世界が違う」と強調。その上で「プレステらしさを考えて入らないといけない」と話した。ソニー・エリクソンとの協力関係についても「これまでも協業はしてきたが、この1年半で加速度的に対話が進んでいる」という。

 一方で、PSPは2004年12月に発売して6年が経過。平井執行役は、PSPの次世代機について「社内で議論をしているが、いつになると案内できる段階ではない」と話した。さらに、次世代機のイメージについては「タッチパネルは否定しないが、フィジカルなボタンがあった方が没入感がある」などと話し、コンテンツ業者などと議論しているとした。

 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の「iPad(アイパッド)」を中心にタブレット端末の市場が拡大しているが、ソニーは米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)との提携で、アンドロイドOSを搭載した情報端末を開発する方針を示している。平井執行役は、タブレット端末について「ソニーとして商品投入していく」との意向を改めて示した。また、グーグルの基本ソフト(OS)「クロームOS」を搭載したパソコンの開発については「ウィンドウズがある一方でクロームもポテンシャルがある。どのように商品展開していくかは社内で議論している。ただ、いつ商品が出るかということまでには至っていない」と話した。

 <PSNは11年度に黒字化へ>

 ソニーは、オンラインサービスを拡充している最中で、映像・音楽配信の「Qriocity(キュリオシティ)」、ゲーム配信の「プレイステーションネットワーク(PSN)」、電子書籍の「リーダーストア」のサービスをそれぞれ展開しており、これらオンラインサービス全体で2012年度に3000億円の売上高を計画している。ただ、それぞれの事業としては赤字の段階で、平井執行役は「PSNについては2011年度に黒字化を目指す」と話した。

 PSNの売上高は09年度に360億円で、10年度は約2倍を目指すという。PSNのアカウントは11月時点で6000万件を突破。この点について平井執行役は「ビジネスが大きくなる土壌が出来ている。PSNとしてコンテンツを増やしていけば売上は伸びて行くだろう」と語った。

 (INVESTMENTVIEWS)

 
 
写真

責任の所在、あいまいのまま

原発再稼動問題で、静岡県湖西市長は「最終的に誰が責任を取るのかが分からない体制が改善されていない」と批判した。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
低価格ビジネスを直撃

人手不足のあおりを直接に受けている分野の一つが、コストを抑えた低価格戦略で成長してきた外食、小売りなどのビジネスだ。  記事の全文 

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。