〔Executive Talk〕ゲームと携帯電話の融合、可能性を追求=ソニー<6758.T>執行役

2010年 12月 22日 21:48 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [東京 22日 ロイター] ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の平井一夫・執行役EVP兼ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長は22日、ロイターなどのインタビューで、携帯型ゲーム機と携帯電話の融合について「プレイステーションらしさを考えて入らないといけない」と述べて、商品展開の可能性を追求していく意向を示した。

 平井執行役は、携帯型ゲーム機「プレイステーションポータブル(PSP)」と携帯電話の融合機器について「うわさされているようだが、いろいろな可能性は追求しないといけない」と述べた。ただ、アイフォーンやアンドロイド携帯で遊べるゲームに対して「SCEが目指しているゲームは『没入感』の点で世界が違う」と強調。その上で「プレステらしさを考えて入らないといけない」と話した。ソニー・エリクソンとの協力関係についても「これまでも協業はしてきたが、この1年半で加速度的に対話が進んでいる」という。

 一方で、PSPは2004年12月に発売して6年が経過。平井執行役は、PSPの次世代機について「社内で議論をしているが、いつになると案内できる段階ではない」と話した。さらに、次世代機のイメージについては「タッチパネルは否定しないが、フィジカルなボタンがあった方が没入感がある」などと話し、コンテンツ業者などと議論しているとした。

 米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の「iPad(アイパッド)」を中心にタブレット端末の市場が拡大しているが、ソニーは米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)との提携で、アンドロイドOSを搭載した情報端末を開発する方針を示している。平井執行役は、タブレット端末について「ソニーとして商品投入していく」との意向を改めて示した。また、グーグルの基本ソフト(OS)「クロームOS」を搭載したパソコンの開発については「ウィンドウズがある一方でクロームもポテンシャルがある。どのように商品展開していくかは社内で議論している。ただ、いつ商品が出るかということまでには至っていない」と話した。

 <PSNは11年度に黒字化へ>

 ソニーは、オンラインサービスを拡充している最中で、映像・音楽配信の「Qriocity(キュリオシティ)」、ゲーム配信の「プレイステーションネットワーク(PSN)」、電子書籍の「リーダーストア」のサービスをそれぞれ展開しており、これらオンラインサービス全体で2012年度に3000億円の売上高を計画している。ただ、それぞれの事業としては赤字の段階で、平井執行役は「PSNについては2011年度に黒字化を目指す」と話した。

 PSNの売上高は09年度に360億円で、10年度は約2倍を目指すという。PSNのアカウントは11月時点で6000万件を突破。この点について平井執行役は「ビジネスが大きくなる土壌が出来ている。PSNとしてコンテンツを増やしていけば売上は伸びて行くだろう」と語った。

 (INVESTMENTVIEWS)

 

 
 
写真

ギリシャだけでない円高要因

円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャに限らないとUBS証券・最高投資責任者の中窪文男氏は指摘。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ以外にも円高材料

ドル円相場の円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャ問題に限らないとUBS証券の中窪文男氏は分析。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
ギリシャ究極の選択

ギリシャ国民投票では「最悪」と「悲惨」のどちらを選ぶか迫られる。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株は「口先」以上必要

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。