Reuters logo
全国消費者物価2カ月連続で前年比ゼロ%、都区部はマイナス幅拡大
2016年3月25日 / 00:52 / 1年前

全国消費者物価2カ月連続で前年比ゼロ%、都区部はマイナス幅拡大

 3月25日、総務省が公表した2月の全国消費者物価指数は、指標となる生鮮食品を除いたコアCPIが2カ月連続で前年比横ばいとなった。先行指標とされる東京都区部のコアCPIは3月に前年比0.3%低下した。写真は都内で2月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 25日 ロイター] - 総務省が25日公表した2月の全国消費者物価指数は、指標となる生鮮食品を除いたコアCPIが2カ月連続で前年比横ばいとなった。先行指標とされる東京都区部のコアCPIは3月に前年比0.3%低下した。ガソリンや電気代の下落で2月の0.1%低下からマイナス幅が拡大しており、今後の全国の物価動向にも影響しそうだ。

2月の全国消費者物価は、テレビや婦人スーツ、外国パック旅行、生鮮食品を除く食料などが前年比で上昇した一方、電気代(前年比7.6%下落)、ガソリン(同15.8%下落)は大幅なマイナスとなった。

3月都区部消費者物価も電気代が前年比で13.7%、ガソリンが同21.6%とそれぞれ大幅に下落し、マイナス幅を拡大したことが指数を押し下げた。生鮮食品を除く食料もプラス幅が縮小した。

一方、コアCPIからエネルギーを除いたコアコアCPIは、2月全国が前年比0.8%上昇、3月都区部が同0.6%上昇となり、ともに前月からプラス幅が拡大した。総務省は「エネルギーを除けば物価は上昇基調にある」との見方を維持している。

竹本能文 編集:山川薫

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below