Reuters logo
原油先物上昇、IEAが底打ちの可能性指摘
2016年3月11日 / 16:11 / 2年前

原油先物上昇、IEAが底打ちの可能性指摘

[ロンドン 11日 ロイター] - 11日の原油先物市場は上昇、北海ブレント先物が3週連続で値上がりする見通しだ。

国際エネルギー機関(IEA)が、原油価格が底を打った可能性があるとの見解を示したことが追い風となっている。

1443GMT(日本時間午後11時43分)時点で、北海ブレント先物は0.8ドル高の1バレル=40.85ドル。

米原油先物は0.95ドル高の同38.79ドル。一時、年初来高値の38.96ドルをつける場面もあった。

ただ市場では、圧迫要因を指摘する声もあがる。

また、イラン大統領府長官は10日、制裁導入前の原油市場シェアを回復するまで、イランは供給抑制に向けたいかなる合意にも参加しないと述べている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below