Reuters logo
原油先物が小幅上昇、協調減産延長への期待で
2017年5月9日 / 01:32 / 4ヶ月前

原油先物が小幅上昇、協調減産延長への期待で

[シンガポール 9日 ロイター] - 原油先物は9日アジア時間の取引で小幅上昇した。石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国の協調減産が2017年いっぱいか、それ以降も延長されるとの期待が相場を支えたが、高水準な供給を巡る懸念が頭を抑えた。

0045GMT(日本時間午前9時45分)現在、北海ブレント先物LCOc1は1バレル=49.60ドルと、前営業日終値から0.5%上昇。

米原油先物CLc1は0.5%高の46.66ドル。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は8日、主要産油国は市場のリバランスに向け「必要なあらゆる措置を講じる」とし、1月から実施している協調減産は17年いっぱいか、それ以降も延長されるとの見通しを示した。

OANDA(シンガポール)のシニア市場アナリスト、ジェフリー・ハレー氏は「協調減産が場合によっては18年まで延長されるとのサウジ当局者の発言が安心感を与え、相場を支えた」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below