Reuters logo
NBA=連覇目前のウォリアーズ、カリーとトンプソンに勢い
2016年6月12日 / 02:47 / 1年前

NBA=連覇目前のウォリアーズ、カリーとトンプソンに勢い

 6月11日、NBAの昨季王者ウォリアーズは、10日のファイナル第4戦に勝ち、連覇にあと1勝とした。写真は第4戦で38得点のステフィン・カリー。米オハイオ州クリーブランドで10日撮影(2016年 ロイター/Ken Blaze-USA TODAY Sports)

[クリーブランド 11日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)、昨季王者ウォリアーズは、10日のファイナル第4戦でキャバリアーズから勝利を挙げ、シリーズ通算3勝1敗として連覇にあと1勝とした。

キャバリアーズはウォリアーズの得点源であるステフィン・カリーとクレイ・トンプソンを、第3戦まで2人合計で平均28得点に抑え、第3戦に30点差で圧勝。しかし第4戦ではカリーに両チームを通じて最多の38得点、トンプソンに25得点を奪われるなど、爆発を許して勢いをさらわれた。

第4戦での好調についてカリーは試合後、「トンプソンやハリソン・バーンズらがタイミングよく得点してくれたおかげで相手ディフェンスにスペースができ、自分たちが得意とする攻撃を仕掛けられるようになってリズムに乗れた」と語った。

ウォリアーズのスティーブ・カー監督は、自軍ベンチの目の前でカリーが難しいシュートを沈めたのを見て、「シュートタッチと試合展開に好感触を得ているのが分かった」とコメント。「最優秀選手(MVP)に選ばれるのには理由がある」と、エースをたたえた。

第5戦はウォリアーズの地元オークランドで13日に行われる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below