Reuters logo
第一生命、トランプ氏勝利後の金利上昇で一時払い終身の販売再開へ
2016年11月22日 / 07:01 / 1年前

第一生命、トランプ氏勝利後の金利上昇で一時払い終身の販売再開へ

[東京 22日 ロイター] - 第一生命ホールディングス(8750.T)の子会社、第一フロンティア生命は22日、銀行などの窓口で販売する円建て一時払い定額終身保険の販売を12月1日から再開すると明らかにした。ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利を受けた相場環境の大きな変化を踏まえたものとしている。

 11月22日、第一生命ホールディングスの子会社、第一フロンティア生命は、銀行などの窓口で販売する円建て一時払い定額終身保険の販売を12月1日から再開すると明らかにした。写真は都内で2011年8月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

日銀のマイナス金利政策導入後の金利低下で、生保会社による一時払い商品の販売中止が相次いでいた。

第一フロンティアは2月に円建て定期年金、3月に円建て定額終身保険の販売を休止していた。同社の2016年4─9月中間決算では、円建て定額商品の保険料収入が89億円と前年同期の1604億円から急減していた。

第一フロンティアは、日銀の総括検証後の長期金利上昇のトレンドやトランプ氏勝利後の相場環境の変化で、現在は一定程度の利回りが確保できると判断したと説明している。今月末の市況を踏まえ、再開を最終決定する。

一時払い商品は、保険料を契約時に一括で支払うもの。一定期間経過後に解約返戻金が保険料を上回ることから、預金に代わる運用手段として人気を集めていた。

浦中大我

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below