Reuters logo
アングル:独ダイムラーは中国の中産階級に期待、高級車で勝負
2015年10月23日 / 10:33 / 2年前

アングル:独ダイムラーは中国の中産階級に期待、高級車で勝負

 10月22日、減速感がでている中国自動車市場。しかし、独ダイムラー<DAIGn.DE>は、急速に成長する中産階級が将来の高級車市場を下支えするとみている。ベルリンで4月撮影(2015年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 22日 ロイター] - 減速感がでている中国自動車市場。しかし、独ダイムラー(DAIGn.DE)は、急速に成長する中産階級が将来の高級車市場を下支えするとみている。

22日に発表した第3・四半期決算は、中国でのスポーツ多目的車(SUV)の需要が寄与し営業増益となった。

高級車部門メルセデスベンツの1─9月の世界販売台数は、新型車投入が奏功し、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)傘下のアウディを抜き、BMW(BMWG.DE)次ぐ位置につけた。

9月の中国販売台数は53%増を記録。これに対しアウディは2.9%増にとどまった。

ダイムラーの中国に対する楽観的な見通しは、ゼネラル・モーターズ(GM.N)、BMWなど他メーカーとは対照的だ。大手メーカーの間では、過去10年にわたって大きな収益源だった中国が、市場の成熟化と景気減速に伴って干上がりつつあるのではないかとの懸念が広がっている。

ダイムラーのボド・ユッバー最高財務責任者(CFO)は、中国の自動車市場が長期的に毎年5─6%成長するとみており、中でも高級車セグメントは全体の平均を上回るペースで伸びると予想。「現在中産階級が力強く伸びている。このことが今後数年間にわたり、高級車市場が大衆車市場とは不均衡な成長を遂げるのに寄与するだろう」と話す。

ダイムラーは中国ではコンパクトSUVの人気が高いとし、4月以降に新型SUVのGLAの生産を開始した同社は、需要にうまく対応できたと分析している。

ダイムラー株を買い推奨しているバンクハウス・メッツラーのアナリスト、ユルゲン・パイパー氏は「ダイムラー車の勢いには終わりが見えないようだ。この好調な業績に対しては、いかなる欠点を見つけることも難しい」と話す。

シンクタンクの自動車研究センター(CAM)の責任者を務めるディレクター、ステファン・ブラッツェル氏は「中国では拡大する中産階級が非常にコンパクトSUVに憧れている。SUVのトレンドは過去数年間にわたって高級車セグメントに広がっており、この先も高い可能性を秘めている」と指摘した。

メルセデスは中国でもアウディやBMWとの販売台数の差を縮めており、第4・四半期から来年にかけても引き続き需要は強いと予想している。

だが、ダイムラーは世界出荷、売上高、営業利益の大幅増を見込んだことしのガイダンスを据え置く一方、世界の販売台数については、2%増としていた従来予想を下方修正した。足下の景気指標から「投資家と消費者の側で不透明感が大幅に増大していることが明らかになった」と説明した。

ドイツ財務省は中国や新興国景気の減速に加えて、VWの排ガス不正スキャンダルで生じた不透明感のために、ドイツの業界に対するリスクが高まったとの見方を示している。

MMウォルバーグのアナリスト、マルク・レネ・トン氏はメルセデスの中国における9月の53%増という数字に関して「新商品が中国や他国での販売を引き続き押し上げるだろうが、ペースは今ほど高くはないかもしれない」との見方を示した上で、VWの排ガス不正でメルセデスがアウディからシェアを奪うとは予想していないと付け加えた。

(Andreas Cremer記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below