Reuters logo
米経済の改善続けば、一段の利上げ支持=ダラス連銀総裁
2017年3月28日 / 00:16 / 7ヶ月前

米経済の改善続けば、一段の利上げ支持=ダラス連銀総裁

 3月27日、米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、米経済が完全雇用とインフレ率2%という目標の達成に向けて前進を続けるのであれば、一段の利上げを支持すると述べた。写真はワシントンにある米連邦準備理事会本部のビル。2015年9月撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[カレッジステーション(米テキサス州) 27日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は27日、米経済が完全雇用とインフレ率2%という目標の達成に向けて前進を続けるのであれば、一段の利上げを支持すると述べた。テキサスA&M大学のイベントで講演した。

同総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持つ。

カプラン総裁は「経済の改善が続く限りは、私は(一段の利上げを)支持し続ける」との考えを示したほか、米連邦準備理事会(FRB)が「段階的かつ忍耐強く」行動することを望んでいる、と語った。

総裁はまた、米経済が今年、およそ2.25%のペースで成長するとの従来の見方をあらためて示した。一方で、トランプ新政権が実施する政策次第では、成長率はこれより速くも遅くもなりうると指摘した。

膨れ上がったFRBのバランスシートの縮小問題について、モーゲージ担保証券(MBS)と米国債のどちらから先に始めるべきかとの質問に対して、総裁は、同時に行うのが望ましいとの考えを示したが、それぞれの証券に合わせてアプローチを調整することも一案と述べた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below