Reuters logo
12月米耐久財受注は1年4カ月ぶり大幅減、年末の景気急減速示唆
2016年1月28日 / 16:52 / 2年前

12月米耐久財受注は1年4カ月ぶり大幅減、年末の景気急減速示唆

[ワシントン 28日 ロイター] - 米商務省が公表した昨年12月の耐久財受注は前月比5.1%減と、2014年8月以来1年4カ月ぶりの大幅な落ち込みを記録した。

1月28日、12月の米耐久財受注は前月比5.1%減と、1年4カ月ぶりの大幅な落ち込みを記録した。写真は2014年2月、ワシントン州レントンのボーイング工場で撮影(2016年 ロイター/David Ryder)

ロイターがまとめたエコノミスト予想は0.6%減だった。米景気に年末、急ブレーキがかかったことをあらためてうががわせた。

アナリストはエネルギー部門の低迷とドル高の足かせによる影響が経済の全般に広がれば、2016年初めに景気の弱含みが続くと懸念している。

スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行の米経済エコノミスト、トーマス・コスターグ氏は「米企業は設備投資を大幅に削減している。これがエネルギー部門以外に広がっている兆候が出ており、最大の懸念材料だ。消費もさえず、エネルギー部門によるマイナスの影響を吸収しきれずにいる」と述べた。

落ち込みは広範にみられ、輸送機器受注が12.4%減、非国防航空機受注は29.4%減となった。

企業の設備投資の先行指標とされる非国防資本財から航空機を除いたコア受注は4.3%減った。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア資本財の出荷は0.2%減少した。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below