Reuters logo
弾丸23発飲み込んだ犬、米病院が2時間の手術で無事摘出
2015年5月11日 / 04:17 / 2年前

弾丸23発飲み込んだ犬、米病院が2時間の手術で無事摘出

[リトルロック(米アーカンソー州) 8日 ロイター] - 米アーカンソー州マウンテンホームで、4歳のベルジアン・マリノア犬が23発もの弾丸を飲み込み、動物病院に運び込まれるという騒動があった。

「ベノ」という名のこの雄犬はこれまで、テレビのリモコンや芝刈り機のガスフィルター、ブラジャーを飲み込んだ「前科」の持ち主だが、今回の弾丸事件には飼い主も肝を冷やしたようだ。

飼い主のラリー・ブラスフィールドさんは「突然嘔吐するまで、異常は認められなかった」とコメント。吐しゃ物の中に約7.6センチの弾丸を発見し、ベノを連れて病院に急行。レントゲン検査をしたところ、胃の中から23発の弾丸が発見された。

結局、2時間の手術の末に弾丸を摘出。ベノの予後は良好だという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below