その他
PR

再送:〔Executive Talk〕森トラはパルコ<8251.T>・イオン<8267.T>の協議見極め、9月以降の政投銀動向も注視=森社長

2011年 04月 26日 08:23 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

*以下の記事は25日午後9時52分に配信しました。

 [東京 25日 ロイター] 森トラスト(東京都港区)の森章社長25日、ロイターとのインタビューで、パルコ(8251.T: 株価, ニュース, レポート)の株主として業務提携協議を開始することになったイオン(8267.T: 株価, ニュース, レポート)との関係について、まずは、イオンとパルコの業務提携協議の進ちょくを見守る姿勢を明らかにした。森トラストとしては、役員を2人派遣することになったため、両社の調整役になるという。両社の業務提携は、パルコ+イオンではなく、パルコ+イオンの力の形になれば良い、と指摘した。

 一方、森トラストの保有株式については、イオンが出資比率を引き上げようとして株式公開買い付け(TOB)を行う場合には、価格次第では売却する可能性など、さまざまな方向性があるとしている。

 森トラストは、3月末にパルコの役員刷新の株主提案を提出。イオンから会長兼最高経営責任者(CEO)を含む3人、森トラストから2人、パルコから1人の役員構成を提案していた。しかし、パルコとの話し合いの中で、森トラストから2人、パルコから2人、イオンから1人の役員とすることで合意。20日に株主提案を取り下げている。同時に、イオンとパルコは5月下旬の株主総会後に業務検討委員会を設置し、業務提携について具体的に協議を開始することで合意した。

 今後の注目点は、1)イオンとパルコを中心にまとめられる業務提携の内容について、いかにパルコを含む3社が歩調を合わせられるか、2)9月に訪れる日本政策投資銀行のCB転換解禁──の2点になる。昨年9月にパルコの転換社債型新株予約権付き社債(CB)を買い受けた政投銀行は、2011年9月9日以降、パルコの潜在株式数に対し約8.7%に相当するCBについて、パルコの同意なしに、政投銀の裁量によって譲渡・転換することができることになっている。

 インタビューの要旨は以下の通り。

 ──イオンとパルコの業務提携の検討をどう思うか。

 「結果としては役員会が重要になる。今までは指名委員会も含め、うまく機能していなかったようだが、今後は役員会も、指名委員会も機能するようになる。(森トラストから)2人、(パルコから)2人、(イオンから)1人で構成しているためちょうど良いのではないか。あとはイオンとの業務検討委員会でいかにうまくやっていくかが重要。そこで駄目ならまた別の話。協議は透明性を高めて行っていく」

 ──両社の提携協議にはどのようにかかわるのか。

 「パルコが良い会社になればよい。(イオンがパルコに対してすでに行った業務提携の内容は)いったん白紙になり、今、イオンが作り直している。まずはイオンがパルコをどう手伝い、企業価値を高められるかを相談することになるだろう。それがいいか悪いかは役員会で決めるため、そこで2人(の役員を)派遣しているわれわれが調整し得る立場になる」

 「パルコとイオンが対立すれば、次の局面になる。どういう局面かは分からないが、(森トラスト、イオン、政策投資銀行の)3社で潜在株も含め55%を持っているので、3社で話し合うしかない。いずれにしても(パルコは)前回裏切ったような第三者割当増資のようなことはできない。役員会の構成からして、今後それは不可能になる」

 ──業務提携の内容はいつごろメドに固めるか。

 「株主総会が終わって役員が正式に決まり、それからでいいと考えている」

 ──イオンは出資比率を引き上げたいとの話も盛り込んでいたが。

 「別に構わない。持ち分法適用会社の場合、役員を派遣すれば15%以上。最初は防衛策があったので20%以下だったと思うが、15―20%にしたいのだろう。20%にした場合、政策投資銀行が普通株に転換すると、3社で65%になる。ただ、9月に転換できるかどうかは分からない」

 ──森トラストとしてはずっと持ち続けることへのこだわりはあるか。

 「(森トラストとしては)企業価値が上がればいい。イオンがどうしても欲しいなら、買収防衛策はなくなるため、イオンはTOB(をかけること)になる。(森トラストは)値段次第で売るかもしれないが、それは分からない。ただ、簿価なら売らない。役員の任期は1年なので、共同歩調がうまくいっているとか、いっていななどは、1年ごとに分かるものだ」

 ──他の流通大手から株を売却して欲しいという話が持ち込まれる可能性は。

 「森トラストの持ち分をこちらに売ってくれないか、などという話は、政策投資銀行からの話としてあるだろう。政投銀というファンドの性格上、企業価値を上げて、エグジットしないといけない。常識的には普通の関係ならイオンに売るだろうが、(イオンが買い増す場合は)TOBになるので、下手をすると上場廃止になる可能性も出てきてしまう」

 ──森トラストとイオンの志向は合うのか。

 「イオンの岡田元也社長の指導力は強い。だから(行動が)速い。(時代の変化やそれに対応する流通業界の流れの中で)他社だっていろいろ欲しいだろうと思う。でも他社の経営者はサラリーマンだし合併を繰り返した会社が多いため、もたもたするし、パルコが騒げば腰が引けてしまう。しかし、そのような最中に(パルコ株を)買ったという腕力の強さがある。本当は、森トラストとしては買ってもらわなくてもよかったのだが、値段次第で売るところがあるなと思う発想が良い」

 ──パルコはどうあるべきか。

 「どうであれ変化の起きる時代になる。パルコのターゲットとする年齢層自体も少子化で変わる。(パルコは)もっと変わらなければならない。年齢層を拡大するには、誰とも組まないよりはイオンと組んだ方が良い。パルコ+イオンではなく、パルコ+イオンの力で良い。パルコは変化する中で、イオンの力を借りれば良いだけ。何もなければパルコは駄目になる一方だ。もし横ばいなら、イオンがプラスした分で横ばいになると思った方がよい」

 「パルコが都心型でなくなるというイメージは良くない。段々、パルコは田舎になってきており、自ら商品価値を落としている。都心回帰なのに逆の動きになっている。最もテコ入れが必要なのは渋谷。渋谷は導線が変わってしまっており、再生が必要だ」

 (INVESTMENTVIEWS)

 
 
写真

年内ドル110円到達あるか

ドル高加速の要因は、ファンダメンタルズの変化ではなく、日米欧通貨当局の意向が市場に理解され始めたからだという。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 

アジアの軍事力

写真
「基地攻撃能力」の是非

日本が検討する敵基地攻撃能力の保有をめぐり、自衛隊が「盾」、米軍が「矛」という同盟構造を塗り替え、中国などを刺激しかねないため、米国は慎重な対応を要求している。  記事の全文 

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。