UPDATE1: オーストラリアで住宅価格バブル発生のリスク=豪準備銀行当局者

2009年 09月 29日 13:07 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [シドニー 29日 ロイター] オーストラリア準備銀行(中央銀行)のアンソニー・リチャーズ経済分析局長は29日、同国の記録的な人口の伸びと移民数に住宅建設が追いついていないため、住宅価格が余りにも急激に上昇するリスクがあるとの見方を示した。

 同局長は住宅に関するフォーラムで、住宅ローン金利が現在の低水準にとどまる可能性は低く、いったん上昇を開始すれば、国民の関心は住宅が手に入るかどうかに戻ってくるだろうと発言した。

 住宅価格が下がっている米国や英国とは異なり、オーストラリアの住宅価格は上向き傾向を保っており、第2・四半期には住宅価格指数が4.2%上昇している。

 同局長はこれについて「一部の国が抱えている住宅価格下落を伴うマクロ経済上の困難を考えれば良いこと」としながら、「しかし先行きの展望としては、オーストラリアの住宅価格が望ましくない大幅上昇に向かっているリスクがある」と指摘した。

 準備銀行のスティーブンス総裁は今年7月、低水準の住宅ローン金利が住宅価格の上昇だけにつながり、住宅建設が増えなければ懸念されるとして、住宅を問題のある領域に挙げた。

 準備銀行は昨年9月から今年4月までに政策金利であるオフィシャルキャシュレートを合計425ベーシスポイント引き下げたが、それ以降は、景気回復が定着したら利上げに踏み切りたい意向を示唆している。市場は現在、11月に最初の利上げが実施されるかなりの確率を相場に織り込んでいる。

 

原文参照番号[nSYA006122](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSYA006122]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

 

 
 
写真

生かされぬ財政再建の教訓

日本の財政健全化策には、海外から得られる重要な「2つの教訓」が生かされていないと、BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。   記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
財政再建「2つの教訓」

今回の骨太方針には、財政健全化のための重要な「2つの教訓」が生かされていないとBNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ瀬戸際外交は敗北へ

国民投票で緊縮策を拒んだギリシャの瀬戸際外交は勝利せず、ユーロの秩序は保たれると第一生命経済研の熊野英生氏は予想。   記事の全文 

 
ギリシャ離脱は非現実的=村田雅志氏
 
ギリシャ以外にも円高材料=中窪文男氏
 
ギリシャ破綻後のシナリオ=田中理氏
 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
ユーロ圏残留は困難に

緊縮策に国民が「ノー」を突き付けたことで、ギリシャのユーロ圏残留は難しくなるだろう。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「ノー」が欧州に迫る決断

ギリシャの緊縮「ノー」でユーロ圏首相が下す2つの重い決断とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株、なお「割高」

なお割高な中国株はすべての尺度で下落余地残る。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。