Reuters logo
新種の蛾にトランプ氏の名前、頭部の形状が髪型にそっくり
2017年1月20日 / 07:45 / 8ヶ月前

新種の蛾にトランプ氏の名前、頭部の形状が髪型にそっくり

 1月19日、米カリフォルニア州からメキシコのバハカリフォルニア州に生息する新種の小さな蛾が、トランプ次期米大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と名付けられた。頭部の形状が、トランプ氏の髪型に似ているためという。提供写真(2017年 ロイター/Courtesy of evolutionary biologist Vazrick Nazari)

[19日 ロイター] - 米カリフォルニア州からメキシコのバハカリフォルニア州に生息する新種の小さな蛾が、トランプ次期米大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と名付けられた。

成虫の黄色がかった白い頭部の形状が、トランプ氏の髪型に似ているためという。

進化生物学者バズリック・ナザリ氏が、17日付の科学誌ズーキーズに掲載した記事上で公表した。同氏は「この命名は、蛾の前頭部の形状がトランプ氏の髪型に似ていることにちなんでいる。まだまだ多くの未発見の種が暮らしている米国の繊細な生息地を守り続ける必要があることに、より広く注目してもらうためこの名前を選んだ」と述べた。

先月には、ハワイ北西部のサンゴ礁に棲む魚が、生息地の保護に尽力したオバマ大統領にちなんで命名されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below