Reuters logo
米デューク、南部で天然ガス発電所建設へ 石炭施設から切り替え
2015年5月19日 / 16:02 / 2年前

米デューク、南部で天然ガス発電所建設へ 石炭施設から切り替え

[19日 ロイター] - 米電力最大手デューク・エナジー は、総額11億ドルを投じ、ノースカロライナ州の石炭火力発電所を閉鎖し、跡地に天然ガス発電所を建設する計画を発表した。

新発電所の建設には4─5年の時間を要する見通し。

計画では、総出力376メガワット(MW)の同州アッシュビル石炭火力発電所を閉鎖し、650MWの天然ガス発電所を建設する。太陽発電装置も設置する計画。

投資には、送電変電所の建設や送電線の設置、インフラ改良も含まれる。

デュークは、発電所の石炭灰流出で水質を汚染したとされる問題で、2月に米司法省と和解。前週にはその一環として、水質汚染で有罪を認めた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below