Reuters logo
ドゥテルテ比大統領、自衛隊との訓練に理解 米軍とは「最後」
2016年10月27日 / 09:46 / 1年後

ドゥテルテ比大統領、自衛隊との訓練に理解 米軍とは「最後」

[横浜市 27日 ロイター] - 来日中のフィリピンのドゥテルテ大統領は27日、記者団に対し、自衛隊との共同訓練には理解を示す一方、米軍との訓練は継続しない考えを改めて表明した。

 10月27日、フィリピンのドゥテルテ大統領は記者団に対し、自衛隊との共同訓練には理解を示す一方、米軍との訓練は継続しない考えを改めて表明した。写真は横浜市内の海上保安庁の基地を視察後、記者団の取材に応じる同大統領(2016年 ロイター/Issei Kato )

ドゥテルテ大統領はこの日、神奈川県横浜市にある海上保安庁の基地を視察。その後に記者団の取材に応じ、「日本との共同訓練は一般的に言って問題ない」と語った。一方で、「米国とは問題だ」と指摘。「我が国の国防大臣に恥をかかせたくはないが、米軍との訓練は今回が最後だ」と、これまでの見解を繰り返した。

日本とフィリピンは海上自衛隊が昨年5月、フィリピン海軍と初めて2国間の共同訓練を実施した。その1カ月後にも海上で訓練を行うなど、軍事関係を強めつつある。

アキノ前大統領が昨年6月に来日した際は、自衛隊が訓練などでフィリピンを訪れる際の法的枠組み「訪問部隊地位協定」の制定に向けた協議を開始することで日本側と合意した。ただ、ドゥテルテ大統領によると、今回の訪問中に日本との間で同協定は議論に上らなかった。

日本政府にとってドゥテルテ大統領の来日は、米国との同盟の意義を理解してもらうのが重要な狙いの1つだった。26日の首脳会談でも議題となったが、ドゥテルテ大統領は安倍晋三首相に対し、自身が米国非難を繰り返す理由を説明したという。

同大統領は記者団に、「安倍首相には米国に対する私の感情を話した。米国は我々を鎖につないだ犬のように扱う」などと語った。同大統領は「安倍首相は理解を示した」と述べた。

*写真を追加して再送します

船越みなみ 取材協力:マニュエル・モガト

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below