Reuters logo
ECB、インフレ率2%が現実的か問う必要=元ベルギー中銀総裁
2016年3月11日 / 12:02 / 2年前

ECB、インフレ率2%が現実的か問う必要=元ベルギー中銀総裁

 3月11日、ECBで過去に政策委員会メンバーを務めたリュック・クーン氏(写真)は、ECBはインフレ率2%が中期的な目標として現実的であるかどうかを問う必要があるとの見解を示した。ブリュッセルで2014年10月撮影(2016年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)で過去に政策委員会メンバーを務めたリュック・クーン氏は、ECBはインフレ率2%が中期的な目標として現実的であるかどうかを問う必要があるとの見解を示した。

11日付のベルギー紙De Tijdに述べた。

2015年3月までベルギー中銀総裁を務めたクーン氏は、ECBが2%弱のインフレ目標を放棄すべきかどうかについて質問されると、「成長とインフレ率は密接に関連している。ECBは2%のインフレ率が現実的かどうか問わなければならない」と述べた。

また、ECBのマイナス金利設定には限界があると指摘。「ある時点で、例えばコストがかかるとしても、キャッシュを保有することに関心が移るだろう。そうすればECBの政策の余地が制限される」との考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below