Reuters logo
刺激策継続の是非12月決定、先送り観測払しょく=ECB総裁
2016年11月28日 / 15:27 / 10ヶ月前

刺激策継続の是非12月決定、先送り観測払しょく=ECB総裁

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は28日、ECBは12月8日の次回理事会で景気刺激策の継続の是非について決定すると述べた。

ドラギ総裁はこの日、欧州議会委員会で証言。議員の質問に対し、「12月の次回理事会で、インフレ率を中期的に2%をやや下回る水準とするとの目標の達成に必要な非常に緩和的な金融政策の維持に向けたさまざまな選択肢を検討する」と述べた。

そのうえで「理事会は12月に決定を行う」と言明。決定は1月に先送りされるのではないかとの観測が払しょくされた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below