Reuters logo
ECB、18年末か19年初めにインフレ目標達成へ=ドラギ総裁
2016年10月10日 / 02:17 / 1年前

ECB、18年末か19年初めにインフレ目標達成へ=ドラギ総裁

 10月8日、ECBのドラギ総裁(写真)は、ユーロ圏のインフレ率について、2018年遅くか19年初めにECBの目標に到達する可能性があるとの見解を示した。写真はブリュッセルで9月撮影(2016年 ロイター/Yves Herman)

[ワシントン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は8日、ユーロ圏のインフレ率について、2018年遅くか19年初めにECBの目標に到達する可能性があるとの見解を示した。

また、これまでのところ、超緩和政策が資産バブルの形成につながっている証拠は見られないと述べた。

国際通貨基金(IMF)の年次総会が開かれていたワシントンで会見した。

低インフレが賃金決定メカニズムに組み込まれている兆候はないとも語った。賃金の伸びの低さが低インフレの長期化につながる悪循環が、政策担当者らの大きな懸念になっている。

総裁は「基本的にエネルギー価格のベース効果により、年末までか、ないしは来年の最初の数カ月間に(インフレ率が)上昇し、1%に接近する。その後1%を上回る」と予想。

「以降のインフレ率は上昇が継続し、18年か19年の初めにわれわれの目標に到達する」と述べた。

ユーロ圏の成長に関しては、安定化したもようだとした上で、年内は現在のペースでの成長が続くとの見通しを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below