Reuters logo
マイナス金利深掘り、リスク拡大の恐れ=メルシュECB専務理事
2016年10月3日 / 18:11 / 1年前

マイナス金利深掘り、リスク拡大の恐れ=メルシュECB専務理事

[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は3日、銀行に対する阻害要因が恩恵を上回れば、マイナス金利政策の深掘りによりリスクが拡大する恐れがあるとの考えを示した。

 10月3日、メルシュECB専務理事は銀行に対する阻害要因が恩恵を上回れば、マイナス金利政策の深掘りによりリスクが拡大する恐れがあるとの考え示す。2014年撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski)

同専務理事は、ECBの政策はユーロ圏の失業率押し下げや成長支援に寄与したとしながらも、マイナス金利を一段と拡大すれば銀行セクターへの圧力が高まるとの認識を示した。

「金利引き下げには限度がある」とし、低金利による阻害要因が恩恵を上回る時点が限度となると指摘。現在は阻害要因がやや上回っている状態と見ているが、それほど大きく上回っているわけではないと述べた。

ただ金利を一段と引き下げれば、リスクが拡大する恐れがあるとの考えを示した。

低金利による収益圧迫懸念やドイツ銀行(DBKGn.DE)の経営不安を背景とする足元の銀行株急落をめぐっては、ECBは問題を十分認識していると指摘。

だが「数年の逆風に耐えられない銀行については、市場に生き残るだけの強固な事業モデルを構築しているのかどうか考える必要がある」とし、数年の苦境を乗り越えられない銀行は、事業継続の価値がない可能性があるとの見解を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below