Reuters logo
債券買い入れ強化、ECBが文言削除も=理事会議事要旨
2017年7月6日 / 13:12 / 3ヶ月前

債券買い入れ強化、ECBが文言削除も=理事会議事要旨

[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が、債券買い入れプログラムを必要なら強化するとの文言を削除する可能性が出てきた。

6日公表の6月理事会議事要旨で分かった。

議事要旨は、ECBの政策や回復を追い風に、緩やかにインフレが加速する条件は整っていると指摘。「インフレ見通しへの確信が一段と高まれば、このバイアスを維持するかについて見直す可能性がある」とした。

ただ、インフレ見通しは時期尚早な引き締めの影響を受けやすく、小規模で段階的な変更でも根本的な政策転換と誤解される可能性もあるとした。

このため、ガイダンスは「非常に緩やかに」調整するとし、市場との意思疎通を引き続き慎重に行う必要性を強調した。

6月の理事会は、慎重な姿勢がなお正当化されると判断、量的緩和強化を巡る文言削除を見送った。

ECBの資産買い入れは年末まで続く見通しで、買い入れ期間の延長、規模縮小などを9月か10月に決めるとみられている。

議事要旨公表を受け、ドイツの国債利回りが1年半ぶりの高水準を更新したほか、ユーロ相場も小幅高となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below