2016年11月18日 / 19:51 / 1年前

ユーロ圏経済、著しい外的リスクに直面=ECB専務理事

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、ユーロ圏の景気回復は著しい外的リスクに直面しているとし、ECBは金融緩和を継続するとの認識をあらためて示した。ニューヨークでの講演で述べた。

専務理事は「ユーロ圏の景気回復には底堅い兆しが見られる」としながらも、「主に外的な環境や英国の欧州連合(EU)離脱決定による著しい不透明感を背景に、重大な下方リスクが残る」とした。

その上で「われわれは金融政策が景気回復を促進する役割を担うよう確実にする」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below