原発輸出は「今後も進める」、エネ政策議論で組織変更の意向=経産相

2013年 01月 15日 12:23 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [東京 15日 ロイター] 茂木敏充経済産業相は15日の閣議後会見で、原発輸出について「安全な原発インフラの輸出はこれからも進めていきたい」と述べた。同相はまた、国のエネルギー基本計画策定では従来とは違う組織で議論を進める意向を明らかにした。

 原発輸出の条件として茂木経産相は「相手国側の希望を重視して判断する。安全性が大前提だ」と指摘した。「脱原発」方針を打ち出した民主党前政権でも原発輸出は継続の意向だったことから、政権交代によってもこの点では大きな方針変更はない。

 国のエネルギー政策の根幹となる「エネルギー基本計画」について前政権は、東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)福島第1原発の事故発生を受けて、2011年10月に見直しに着手。総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)基本問題委員会で有識者が1年以上にわたり33回の議論を重ねてきたが、前政権が昨年9月に打ち出した脱原発方針を受け昨年11月14日の会合を最後に中断していた。

 エネルギー基本計画はエネルギー政策基本法に基づき3年ごとに見直される。現行計画は2010年6月策定のため今年6月ごろが見直し期限だ。茂木氏は策定議論の再開時期について「スケジュールは決まっていないが、早々にこの問題については取りかからないといけない」と語った。基本計画策定の議論の場として、34回目の基本問題委員会を開くのか、新しい委員会を立ち上げるのかについて同氏は「組織については若干これまでと違った形を考えている。固まった段階で報告する」と述べた。

  (ロイターニュース 浜田健太郎;編集 内田慎一)

 

 
 
写真

「日本株式会社」に中国の壁

海外で怒涛のように企業合併・買収(M&A)を進めてきた「日本株式会社」の前に、中国という壁が立ちはだかった。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
米経済に悲観無用、ドル高へ

今後、米経済への慎重過ぎる市場心理は逆方向に変化し、緩やかな米金利上昇とドル高ユーロ安を招くとABの村上尚己氏は予想。  記事の全文 

 
写真
ユーロ高示唆する欧州株高

欧州株高と改革進展への期待を織り込めば、ユーロはすでに大底をつけた可能性があるとネクスト経済研究所の斉藤洋二氏は指摘。  記事の全文 

 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ビデオ:原油もうひと波乱=柴田明夫氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
日本の「失敗」に学べ

中国の銀行が直面する不良債権については、日本の教訓を学べ。  記事の全文 

 
写真
最良の道は「再び総選挙」

ギリシャが最悪の事態を避けるチャンスはまだある。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
高まる「チャイナオイル」の存在感
 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。