Reuters logo
新興国、今後1━2年は格下げが格上げ上回る=S&P
2016年10月3日 / 11:21 / 1年前

新興国、今後1━2年は格下げが格上げ上回る=S&P

[ロンドン 3日 ロイター] - 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3日、新興市場国のソブリン格付けについて、今後1━2年は格下げ件数が格上げ件数を上回るとの見通しを示した。

新興国上位20カ国のうち、過去最高の9カ国の格付け見通しが「ネガティブ」となっているという。

短期的には、米利上げ、中国経済減速、世界貿易低迷のほか、大衆迎合的な政治、紛争の恐れなどがリスク要因。

ソブリン格付け責任者モーリッツ・クレーマー氏は「新興国の基本的な信用力に対する当社の見解は、市場の見解ほど明るくない」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below