Reuters logo
サッカー=サウスゲート氏、イングランド代表監督の正式就任希望
2016年11月18日 / 03:27 / 1年前

サッカー=サウスゲート氏、イングランド代表監督の正式就任希望

 11月17日、イングランド・サッカー協会(FA)のCEOを務めるマーティン・グレン氏は、暫定監督を務めているガレス・サウスゲート氏(写真)が正式に監督に就任することを望んでいることを明かした。15日撮影(2016年 ロイター)

[17日 ロイター] - イングランド・サッカー協会(FA)のCEOを務めるマーティン・グレン氏は17日、暫定監督を務めているガレス・サウスゲート氏が正式に監督に就任することを望んでいることを明かした。

サウスゲート監督はサム・アラダイス前監督が解任されて以降、4試合で指揮を執り、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選でマルタとスコットランドに勝利し、スロベニアと引き分けてF組の首位に立っている。また、15日のスペインとの親善試合は2─2で引き分けた。

グレン氏はテレビ局「スカイスポーツ」に対して、「サウスゲートは先週、監督を務めたいことを明らかにしたし、より強い候補となった。われわれは事実を検討する必要があるし、決定には時間を要する。彼が候補であることは1、2試合ではなく数年間に基づくものだ」とコメント。サウスゲート氏は暫定監督になる前、U─21イングランド代表監督を率いていた。

また、グレン氏は、その他の候補との面談について尋ねられると、「可能性の話だ。私がそれについて何かを言うはずがないだろう。面談はプロセスであり、われわれは慎重でなければならない」と明言を避けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below