Reuters logo
ユーロ圏成長率、2016年は1.7%・17年は1.9%=欧州委予測
2016年2月4日 / 10:23 / 2年前

ユーロ圏成長率、2016年は1.7%・17年は1.9%=欧州委予測

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 欧州委員会は4日、冬季の経済予測を発表し、ユーロ圏の経済成長率は2016年と2017年にやや加速するとの見方を示した。ただ、2016年の成長ペース予測は下方修正した。

2016年の域内総生産(GDP)伸び率は2015年の1.6%から1.7%に、2017年は1.9%に加速するとした。

11月時点では、今年の成長率は1.8%と予想していた。2017年の予測は修正していない。

欧州委員会は、域内経済は消費に支えられ総じて成長が続くと予想する一方、外部要因が主要リスクと指摘している。

ドムブロフスキス副委員長は声明で「欧州の緩やかな成長は、中国など新興国市場の減速、世界貿易の低迷、周辺地域の地政学的緊張といった逆風に直面している」との見方を示した。

各国の今年の成長率は、ギリシャがマイナス0.7%となる以外、いずれもプラスとなる見込み。ただギリシャも、前回予測ではマイナス1.3%とされていた。

ギリシャは2017年は2.7%のプラス成長が予想されている。

ドイツの今年の成長率予測は1.8%で、11月時点の1.9%から下方修正された。

インフレ率は今年が0.5%、2017年は1.5%と予想。

失業率は低下が続くものの、ペースは鈍化する見通し。域内平均は10%をやや上回る水準にとどまるとしている。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below