Reuters logo
4月ユーロ圏総合PMI改定値、約3年ぶりの高水準
2014年5月6日 / 16:18 / 3年前

4月ユーロ圏総合PMI改定値、約3年ぶりの高水準

[6日 ロイター] - マークイットが発表した4月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)改定値は総合が54.0と、3月の53.1から上昇し、2011年5月以来約3年ぶりの高水準となった。速報値からは変わらなかった。

PMIは50が景況の改善・悪化の節目。総合PMIは10カ月連続でこの節目を上回った。

新規受注の指数は52.7と、2年11カ月ぶりの高水準をつけた。雇用指数は2011年9月以来の水準をつけた。

マークイットは第2・四半期の経済成長率は0.5%となる見通しだと指摘。

マークイットの首席エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「スペインやアイルランドで回復が顕著になっていることが最も明るいニュースだ」とコメントした。

サービス部門PMI改定値は53.1で、3月の52.2から上昇し、2年10カ月ぶりの高水準となった。新規事業指数が2011年6月以来の高水準をつけ、雇用指数も若干上昇した。

投入価格の上昇はやや加速したが、価格の上昇圧力は引き続き抑制されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below