Reuters logo
欧州市場サマリー(17日)
2016年8月17日 / 20:01 / 1年前

欧州市場サマリー(17日)

[ 17日 ロイター] - <為替> ドルが若干持ち直した。前日値上がりしたユーロ、円、スイスフランに利益確定の売りが出たほか、この後公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨がタカ派的な内容になるとの見方が背景にある。

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。自動車保険のアドミラル・グループが売られ全体水準を押し下げた。

アドミラル・グループは7.7%下落し、2011年11月以来の大幅な落ち込みとなった。決算が市場予想を下回ったほか、英国が欧州連合(EU)離脱決定に伴う市場の混乱でソルベンシーマージン(支払い余力)比率が下がったとしたことが嫌気された。経済の先行き不透明感や金利、為替の不安定さなどの面で、EU離脱の影響がさらに拡大することもありうると警告している。

<欧州株式市場> 決算が嫌気されたオーストリアのレンガメーカー、ウィーネンベルガーやデンマークのビール大手カールスバーグ、英自動車保険のアドミラル・グループが売られ全体水準を押し下げた。 ウィーネンベルガーは6.2%値下がりした。英国の欧州連合(EU)離脱を決めて以降のポンド下落により、マイナスの為替要因が働いているとしたことが嫌気された。 カールスバーグは5.2%の下落だった。上半期決算が市場予想を下回ったことが売り材料となった。ただ、経費削減が進んでいるとして、2016年の業績見通しは据え置いた。

<ユーロ圏債券> ポルトガル10年債利回りが前日に続き急上昇した。格付け会社ドミニオン・ボンド・レーティング・サービシズ(DBRS)が前日、ポルトガルの格付けについて警告したことが背景。

ポルトガル10年債利回りは12ベーシスポイント(bp)上昇の2.99%と、2週間半ぶりの高水準を付けた。前日からの上昇は約30bpに達した。

これを受け、独10年債との利回り格差は300bpを超える水準に拡大している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below