Reuters logo
欧州市場サマリー(11日)
2015年6月11日 / 18:38 / 2年前

欧州市場サマリー(11日)

[11日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。強い米小売売上高統計を受けて、連邦準備理事会(FRB)が早ければ9月にも利上げに踏み切るとの観測が強まった。

<ロンドン株式市場> 続伸。民営化が予定より早まるとの見通しから銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)が買われ、全体水準を押し上げた。食品スーパーも値を上げた。

RBSは1.9%上昇した。オズボーン英財務相が前日の演説で、320億ポンド(495億ドル)分のRBS株の売却を数カ月以内に始めると表明した。金融危機時に公的資金による救済を受けたRBSが経営再建上の節目を迎えたことを象徴すると同時に、株式売却で利益を上げようと考えていた財務相が計画を諦めたことも意味する。

<欧州株式市場> 続伸して取引を終えた。自動車銘柄が好調だったものの、ギリシャの債務交渉への不安が広がって相場の上昇幅は限定的だった。

STOXX欧州600自動車・部品株.SAXPは0.73%上昇した。ドイツの自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)は1.3%値上がりした。第2・四半期の業績が、前期と比べて改善するとの見通しを示したことが好感された。

<ユーロ圏債券> イタリア、スペイン、アイルランドの国債価格が上昇、利回りは低下した。各国で総額120億ユーロを超える規模の国債入札が行われたものの、底堅い結果だったことが買い安心感を誘った。

イタリアIT10YT=TWEB、スペインES10YT=TWEB、アイルランドIE10YT=TWEBの10年債利回りは16─20ベーシスポイント(bp)低下し、それぞれ2.16%、2.14%、1.62%。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below