Reuters logo
欧州議会選は22日から投票、極右・反EU政党に勢い
2014年5月22日 / 04:27 / 3年前

欧州議会選は22日から投票、極右・反EU政党に勢い

 5月22日、欧州連合(EU)の今後5年間の方向性を決める欧州議会選挙の投票が始まる。写真は21日ギリシャ首都アテネで、欧州議会選挙広告のあるキオスク前に立つ男性(2014年  ロイター/Alkis Konstantinidis)

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)の今後5年間の方向性を決める欧州議会選挙の投票が22日から始まる。22日は英国とオランダの投票日だが、世論調査によると、これらの国では極右の政党や、反欧州連合(EU)を掲げる政党が最多票を獲得する勢いだ。

議会の定員は751議席。加盟28カ国の有権者は3億8000人に上る。

欧州が高失業率や低成長に直面し、経済危機の克服に苦戦する中、極右や左派など欧州統合に懐疑的な政党の支持率が高まるとみられている。

世論調査によると、英国では移民受け入れ基準の厳格化やEU脱退を訴える英国独立党(UKIP)が最多票を得る見通し。与党・保守党は、野党労働党に次いで3番手となることが見込まれている。

オランダでは、反イスラム・反EUを掲げる自由党が勝利する見通し。

オランダは22日夕に出口調査の結果を発表。英国は25日遅くに、全てのEU加盟国の投票が終わり次第、結果を発表する。

議席配分を含む28カ国の投票結果は25日の2100GMT(日本時間26日午前6時)頃発表される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below