Reuters logo
欧州市場サマリー(12日)
2016年2月12日 / 20:37 / 2年前

欧州市場サマリー(12日)

[12日 ロイター] - <為替> ドルが対円で5日ぶりに反発し、一時113.16円まで上昇した。1月の米小売売上高統計が消費に勢いが戻ったことを示す内容となり、年内の米利上げ観測が高まった。

外為市場:[USD/J]

<ロンドン株式市場> FT100種総合株価指数.FTSEは170.63ポイント(3.08%)高の5707.60で取引を終えた。1日の上昇率としては、約5カ月ぶりの大きさだった。銀行や1次産品関連が持ち直し、全体水準を押し上げた。

英国のスタンダード・チャータード(スタンチャート)(STAN.L)とバークレイズ(BARC.L)はそれぞれ11.0%と6.3%の値上がりとなった。

エンジニアリング大手のロールスロイス(RR.L)は14.3%高。昨年3度にわたって収益悪化の見通しを示したが、今年は業績見通しを据え置いた。一部エンジンの需要低下で通期利益が16%減となり、配当を半分に減らしたが、財務強化に向けた動きとして前向きに受け止められた。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 大幅反発して取引を終えた。ドイツ銀行とコメルツ銀行が大きく値上がりし、全体水準を押し上げた。

ドイツ銀行(DBKGn.DE)は11.8%高。50億ドル相当の上位債を買い戻すと発表したことで、利払い能力不足を懸念する見方が後退した。

ライバルのコメルツ銀行(CBKG.DE)は18.0%の値上がり。第4・四半期決算が黒字に戻ったことが好感された。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券>  ポルトガル10年債PT10YT=TWEB利回りが前日つけた1年10カ月ぶり高水準の4.38%から3.63%に低下。ただ週間では65ベーシスポイント(bp)上昇し、2013年7月以来約2年半ぶりの大幅な伸びを記録した。

マークイットによると、ポルトガル国債の保証料も2013年10月以来の水準に跳ね上がった。欧州銀や世界経済に対する不安が強まる中、ポルトガルはユーロ圏内でもとりわけぜい弱性が意識されており、新政権が欧州委員会と合意した財政計画を実施できるかどうか疑問視する声も上がっている。

独10年債DE10YT=TWEB利回りは9ベーシスポイント(bp)上昇し0.26%。前日は9カ月半ぶりの低水準を更新していた。ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below