Reuters logo
欧州市場サマリー(18日)
2017年5月18日 / 20:12 / 4ヶ月前

欧州市場サマリー(18日)

[18日 ロイター] - <為替> 米新規失業保険申請件数やフィラデルフィア地区連銀業況指数が底堅い内容だったことを受け、来月の利上げ観測も強まる中、ドルは円などに対し上昇に転じた。

<ロンドン株式市場> 4月下旬以来の大幅安で取引を終えた。ただ、米トランプ大統領が景気刺激策を実施できないのではないかとの不安が和らいだことで取引時間の終わりにかけて下落幅を圧縮した。

この日発表された4月の英国の小売売上高では、物価の急激な上昇に対する懸念があるにもかかわらず、家計支出が拡大し続けていることが示された。統計発表を受けてポンドが上昇し、国際的に事業を展開する銘柄が多いFT100種にとっては重しとなった。

石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルは3.5%安でFT100種で最大きく値を下げた。同業のBPは0.3%安だった。

<欧州株式市場> 続落した。ブラジルのテメル大統領が汚職に関与したとの疑惑が浮上したことを受けて、ブラジルとの取引が多い銘柄が売られた。

テメル氏の改革政策の先行きに陰りが生じたことでブラジル関連の株が売られた。ブラジル小売市場で最大手の仏カジノやブラジルで事業を展開するスペイン通信大手テレフォニカ、イタリアの同業テレコム・イタリアなどが大幅安となった。

一方、通期決算が好感された英高級品ブランドのバーバリーは4.7%上昇した。上期決算が好調だった飲食経営のSSPグループも値を上げた。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが数カ月ぶりの水準に低下した。トランプ米大統領のロシアとの不透明な関係を巡る疑惑を受け、安全資産としての国債に対する需要が高まっていることが背景。

独10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)低下の0.32%と、2週間ぶりの低水準を付けた。米10年債利回りも2.18%と、約1カ月ぶりの低水準を付けている。

利回り低下は低格付け国債にも及び、ポルトガル10年債は昨年10月、仏10年債とアイルランド10年債は今年1月以来の低水準を記録。スペイン10年債は約4カ月ぶり、イタリア10年債は約2カ月ぶりの低水準を付けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below