Reuters logo
伊モンテ・パスキ、資本増強計画進める方針
2016年12月11日 / 22:11 / 10ヶ月前

伊モンテ・パスキ、資本増強計画進める方針

[ミラノ 11日 ロイター] - イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)(BMPS.MI)は11日、当初の予定通り年内に50億ユーロの資本増強を進める計画を明らかにした。

 12月11日、事情に詳しい関係筋が明らかにしたところによると、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)は、欧州中央銀行(ECB)が増資計画の完了期限の延期を拒否したことを受けて、民間資本による救済案を進める方針。写真はシエナにあるモンテ・パスキ本店。2013年8月撮影(2016年 ロイター/Stefano Rellandini/File Photo)

国民投票を受けたレンツィ首相の引責辞任で政局が混乱することへの不安から、モンテ・パスキの増資引き受けを検討していた投資家は慎重姿勢を見せている。このため、同行は当初年内としていた増資完了を1月20日まで延長するようECBに要請していた。

ただ、関係筋が9日に明らかにしたところによると、ECBは期限延長を認めなかった。ECBは、延長は有益ではなく、イタリア政府は公的資金の注入を検討し始めるべきだとの見解を示したという。一方モンテ・パスキは、延長についてECBから正式な回答は得ていないとしている。

モンテ・パスキは11日、取締役会後に声明を発表。個人が保有する21億ユーロ相当の同行劣後債の株式との交換などの案が浮上しているという。ただ、これには当局の承認が必要となる。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below