Reuters logo
伊政府、地銀2行の清算手続き開始 公的コストは最大170億ユーロ
2017年6月25日 / 22:38 / 3ヶ月前

伊政府、地銀2行の清算手続き開始 公的コストは最大170億ユーロ

[ミラノ/ローマ 25日 ロイター] - イタリア政府は25日、経営難の地銀2行、ベネト・バンカとバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァについて、清算手続きを開始した。最大で170億ユーロ(190億ドル)のコストが政府にのしかかる可能性がある。

国内大手行のインテーザ・サンパオロが両行の優良資産を取得。政府はインテーザに52億ユーロを支払うほか、最大で120億ユーロの保証を付け、同行が2行の残りの資産も引き継ぐようにする。

パドアン経済相は、政府が「集める」資金の総額が最大で170億ユーロになると明らかにした。これは当初見込まれていた公的資金注入額の3倍に当たる。

欧州委員会はこれに先立ち、2行について、イタリア政府が提示した破綻処理案を承認した。これにより、一段と厳しい条件になるとみられていた欧州ルールでの破綻処理は免れるものの、納税者のコストは重くなる。

パドアン経済相は記者団に対し「われわれを批判する者はこれを上回る選択肢を挙げるべきだ。私にはこれ以上の選択肢は見当たらない」と述べた。

破綻処理プランでは、2行の不良債権や不正販売スキャンダルに伴う法的リスクは、政府が一部をファイナンスする不良資産会社(バッドバンク)に移管される。2行のジュニア債保有者と株主は損失を被る一方、シニア債保有者と預金者は保護される。

欧州委員会は声明で「イタリア政府の純コストは今回のプランが示している額よりも大幅に少なくなるだろう」としているが、詳しい内容を説明していない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below